もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2008/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2008/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008/10/31(金) 02:25 プレイステーション(PS)
海腹川背・旬
海腹川背・旬
PS
アクション
グラフィック:★★★★☆
音楽:★★★☆☆
面白さ:★★★★☆
難易度:★★★☆☆
海腹川背・旬海腹川背・旬
(1997/02/28)
PlayStation

商品詳細を見る


525_l.jpg

umiharakawase.jpg


スーパーファミコンで発売され作品の移植+パワーアップ。

以上・・・

それだけでファンは十分納得いく。
画面は解像度が上がり、色数が増えた。
元々画面の美しさをウリにしておらず、システムがしっかりしているので面白さは保証付き。
操作感もほとんど同じなので前作をプレイしていれば違和感無く遊べる。
逆に今作品デビューの一見さんは

Σ(゜д゜)つ!つまらんっ!!

と思うだろう。
前回でも書いたようにシステムに慣れればスパイダーマンも真っ青な動きも可能だ。
ファミコンのヒットラーの復活に良く似ているシステムだ。
ヒットラーの復活ヒットラーの復活
(1987/07/20)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

最初の関門だが、操作に慣れることが出来なければクソゲーにしか見えないだろう。
この点はスルメゲーなので購入を考えている人は要注意だ。
もさっとした感覚、釣り道具の射程範囲、糸(ゴム?)の伸縮特性。
これを掴めばどんな到達不可能な地形でもイケル!
下手にリミックスをしないファンも納得する移植の好例と言える。
最新の技術で手を加えても大体失敗している。
原作のファンが何を求めているか真に理解しているスタッフが移植したと思われる。
更に続編で海腹川背・旬セカンドエディションというものも出ている。

マル安シリーズ1 海腹川背・旬 ~セカンドエディション~マル安シリーズ1 海腹川背・旬 ~セカンドエディション~
(2000/01/26)
PlayStation

商品詳細を見る

こちらも本作の面を追加した特別版のようなものなので肌に合った人は是非。
但し、この海腹川背はプレミアが付いているのでか・な・り入手困難です。
もぐら的にはプレミアが付く理由が良く分からない・・・。

PS:
最近、PSPでロケットスタジオ開発、マーベラス販売の移植版「海腹川背Portable」が出ているが、内容が酷い。
劣化移植の好例だ。
PS、スーパーファミコン版より劣る作品に仕上がっている。
意味が分かりません。
以前、ロケットスタジオはカルドセプトという名作ゲームの最新版をXBOX360用に製作した。
この作品は様々なバグ、不具合が見つかった。
せっかくの名作に泥を塗り、販売したバンナムはアップデートや回収による大損害を蒙った。
本作も不自然なスクロール、糸(ゴム?)の不自然な動き&ひっかかりで非難轟々。
販売したマーベラスは仕様といい、見事にシリーズ暗黒歴史になりました。
(TдT)Amazonの評価欄に被害者の悲痛な叫びが涙を誘う・・・。

クリックしていただけると励みになります
↓↓↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。