FC2ブログ
もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2008/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2008/12


2008/11/06(木) 06:21 プレイステーション(PS)
わくぷよダンジョン 決定版
わくぷよダンジョン 決定版
PS
RPG
グラフィック:★★★★★
音楽:★★★☆☆
面白さ:★★★☆☆
難易度:★☆☆☆☆
貴重さ:★★★★★
わくぷよダンジョン決定盤わくぷよダンジョン決定盤
(1999/03/18)
PlayStation

商品詳細を見る


わくわくぷよぷよダンジョン
SS
RPG
グラフィック:★★★★★
音楽:★★★☆☆
面白さ:★★★☆☆
難易度:★☆☆☆☆
貴重さ:★★★☆☆
わくわくぷよぷよダンジョンわくわくぷよぷよダンジョン
(1998/04/02)
SEGA SATURN

商品詳細を見る


41TJQP-aqjL__SL500_AA200_.jpg


ぷよぷよキャラクターの不思議のダンジョン

smile.jpg
default.jpg

この一言で言い終えることが出来そうな内容だ。
そう、毎回ランダムに地形、アイテムは配置されるシステムだ。
セガサターンにもリリースされているが購入するのであればPS版だ。
他のローグ系と異なる特徴的な点がいくつかある。

レベルが持ち越される

魔法が使える

仲間キャラがいる


レベルが持ち越されるのではっきり言ってヌルイなんてもんじゃない
同じダンジョンを何回もクリアできるし、敵もあまり代わり映えが無い
景気良くレベルがポンポン上がるのでゴリ押しで進められる

魔法が使える。
さすがにぷよぷよの設定が活かされている。
(正確には魔導物語シリーズ)
使えば使うほどレベルも上がるので躊躇無く使い込んで強力なキャラクターになる。
火、氷、雷、土及び回復属性があり敵に合わせて使い分ける必要がある。

最初の方のダンジョンはアイテムの名前、効能が分かるが、進めていくとアイテム名、効果が不明になるのは不思議のダンジョンシリーズと一緒。

使用可能キャラは3種類あり、
アルル、ルルー、シェゾ。
それぞれ特徴があり、アルルは魔法使いでカーバンクルがお供についてくる。
ルルーは魔法を全く使えず、直接攻撃キャラのミノタウロスがお供に、シェゾは魔法が使えるがお供が居ない・・・だと?!

(ノд`)シェゾかわいそう。

初心向けがアルル、中級者がルルー、上級者がシェゾといったところか。

舞台は遊園地。
アトラクションがダンジョンとなっており、各テーマに沿ったダンジョン、敵が出現する。

ぷよぷよダンジョン
ファイヤーマウンテン
スターライトマウンテン
ウオーターパラダイス
ホラーハウス
ワンダージャングル
バトルキャッスル
アルティメットタワー


最下層にボスが居て退治するとクリアだ。
(何回も同じダンジョンにもぐることも可能。)

こんなこと言っていいのか分かりませんが、決してクソゲーではないが名作でも無い。
秋山もびっくりなくらいヌルヌルゲーなので時間を掛ければ猫でもクリア可能だ

グラフィックがとてもきれいなです。
イベント時には一枚絵のキャラが出てくるが動きは無い。
少しくらい動いても良いような気がするが、倒産直後だった会社にそれをお願いするのは酷というものですね。

問題はこのゲームに希少価値があること
セガサターン版は製作途中で販売したのかと思う完成度。
購入するのならばPS版。
悲しいことに中古で買おうとしても1万2千円以上ざらにある。
もぐらはドケチなので定価以上のお金を払ってゲームを手に入れることはできませぬ

ヤフオクで運良く三千円くらいで落札できた・・・までは良かった。
届いて開けてびっくり、取説が入っていなかった・・・。
全く必要は無かった。
だが、コレクターとしては悔しさ一杯であった。
レジェンドオブドラグーンも届いたら取説が無かったからオークションはこのようなことって結構あるんだね。orz

ぷよぷよのキャラクターが好きで好きでしょうがない+ローグ系のゲームが好きで好きでしょうがない。
そうでも無い限りあえて高い金を払ってまで遊ぶゲームではないと断言します。
もぐらはこの緊張感ゼロが好きでまったり遊んでおります。

クリックしていただけると励みになります
↓↓↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメント:0 トラックバック:0