FC2ブログ
もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2009/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2009/04


2009/03/17(火) 00:00 ファミコン(FC)
Taito Chase H.Q. ファミコン版
Taito Chase H.Q.
レーシング アクション
アーケード PCエンジン 海外マークⅢ セガサターン ファミコン PS2(タイトーメモリーズⅡ下巻収録)
グラフィック:★★☆☆☆
音楽:★★☆☆☆
操作性:★★☆☆☆
面白さ:★★☆☆☆
難易度:★★★☆☆
貴重さ:★★★★☆

今回ご紹介するのはタイトーチェイスHQです。
・・・ファミコン版です。



あのアーケードヒット作がDiscoによって移植!・・・ってどこ?!
Taito Chase H.Q. 00



タイトルから不安になってきました。

原作は1988年のアーケード作品です。
捜査官となって犯人を車で追いながら制限時間内に車をぶつけて停止させることです。



事件だ!・・・待ってろ犯人!
Taito Chase H.Q. 01



舞台は公道なので頻繁に現れる一般車を避けながらカーチェイスする必要があります。
進行は以下のように進みます。

ナンシーから無線連絡
↓↓
犯人の特徴、車の情報

出発

犯人発見

体当たりしまくりで耐久力をゼロにする

逮捕&ステージクリア



ナンシー?!・・・が居ない・・・だと?!
Taito Chase H.Q. 02






Nani Wo Suruda



なんてことだ!
ナンシーが居ないのか?!



正確には一応連絡が彼女から入りますが、顔が見えない。



どうやらDiscoは一番省いちゃならねーものを省いてしまったようだな・・・。



仕方が無いから泣く泣く出発です
Taito Chase H.Q. 03



見た感じはアウトランを大幅に劣化したような感じですね。

しかし、使用回数のあるターボもあるのでちょっぴり頑張っています。

上手く使ってターゲットに追いつきましょう。
制限時間があるので無駄に一般者にぶつかる余裕はありませんが。

コース上は稀に分かれ道が出ます。



その時は指示する方向に従いましょう!
Taito Chase H.Q. 04



前述の通り、犯人に追いつくまではアウトランのようなシステムです。
ひたすら一般車を避けながら、爆走するとターゲットに追いつきます。



犯人を発見すると矢印で犯人の運転する車を知らせてくれる親切設計ですね。
Taito Chase H.Q. 05



発見した犯人にはどうやって停車させるか?



体当たりだッ!



自機も耐久力があるので如何にここに辿り着くまでに障害物や一般車に接触していないかが勝負です。



敵の耐久力が無くなると敵は炎上します
Taito Chase H.Q. 06



敵は焼死体にはならないから安心してください。



何ともシュールかつショボイグラフィックです・・・
Taito Chase H.Q. 07



全体的にグラフィックがツライです。
難易度はそれほど難しくないですが、何故かやる気がそがれます・・・。
音楽もツライかな・・・。

アーケード本質を移植しようとしている必死さが伝わっていますが別物ですね。

決してつまらなくは無いですが普通のレースゲームに体当たりのボス戦をおまけで付けたレベルです。

移植する相手を間違えた例ですね。
PCエンジンにも移植されていますが、グラフィックがPCエンジンが若干キレイになっている以外は大差は無いと思います。



無理して手に入れる必要は無いコレクターズアイテムです。



PS2にアーケード完全移植版が収録されているからそちらが宜しいかと。



クリックしていただけるともぐらが逮捕・・・される!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメント:6 トラックバック:0