FC2ブログ
もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2009/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2009/06


2009/05/02(土) 00:00 スーパーファミコン(SFC)
桜井章一の雀鬼流麻雀必勝法
桜井章一の雀鬼流麻雀必勝法
麻雀
スーパーファミコン
グラフィック:★★★★☆
音楽:★★★☆☆
操作性:★★★★☆
面白さ:★★★★☆
難易度:★★★★★
貴重さ:★☆☆☆☆





今回はマニアック中のマニアックな麻雀ソフトをご紹介したいと思います。
1995年のスーパーファミコンの作品です。

※今回は麻雀のルールが分からない方にとって意味不明な表現が多いと思いますのでご了承ください。



桜井章一の雀鬼流麻雀必勝法
Jyankiryu Mahjong 00



タバコくわえた人相の悪いおっさんが何とも不気味・・・



麻雀業界でこの桜井章一(ショーちゃん)という方は有名です。

20年間無敗伝説を持ち、彼の麻雀哲学はカルトに近いものがあります。



事実、893関係の代打ちとして活躍した人で幾多の修羅場を潜った猛者です。
(下手だったらすぐに東京湾にコンクリ詰めされて殺されます。)



竹書房から発売されている近代麻雀読者なら知らない人は居ないくらい有名です。
彼の自伝書物も多くリリースされており、漫画化、映画化もされております。
映画では清水健太郎(シミケン)がショーちゃんを演じており、彼のメインシリーズと言っても過言ではありません。

清水健太郎:失恋レストラン
Shimiken00.jpg



もっともシミケン自身が何回も薬物で逮捕されており、芸能界復帰は困難でしょう。

※ここでショーちゃんを美化しすぎ!というクレームは一切受け付けておりません。



そしてそんな彼が立ち上げた雀鬼流麻雀という特殊ルールを持った打ち方が学べるのが本作です。
ベースの麻雀自体のルールは通常のルールと相違はありません。



重要かつ、決定的に異なるのがプレイヤーに課せられたルールです。



通常の麻雀以外に何を切る?問題も収録
Jyankiryu Mahjong 01



例えば、ゲームスタート時に配牌で要らない牌の代表選手である字牌(東西南北白発中)。
これらを最初の1打で切ってはいけません。










切った瞬間に審判登場で罰符を払うハメになります。

Jyankiryu Mahjong 03










MMR nandatte



だが、
こんな人相の悪い審判に言われたら従わざるを得ません。

いわばこのゲームの神です。
チンピラのように見えるのはこの際置いときましょう。





局が始まり、おもむろに6巡以内にドラを切ったとします。










切った瞬間に審判登場で罰符を払うハメになります

Jyankiryu Mahjong 04



順当に牌が思い通りに揃い、相手を釣るために自分のアタリ牌の引っ掛けリーチをします。










リーチを掛けた瞬間にあのイヤな人相の審判登場で・・・以下略



そうです、お分かりですね。
いわばローカルルールを適用した麻雀です。

ありがたい事にこのソフトは設定でこのルールを外すことができません。



おめでとうございます。



これで晴れて貴方もこのルールが適用されている彼のお店、「牌の音」に自信を持って行けるというわけですね。
わかります。



登場人物は徹底したリアル路線。
小島武夫、安藤満、南雲成人と近代麻雀マニアは失禁モノの顔ぶれ。
一般人にとっては(゜д゜)誰?という顔ぶれ。



知る人ぞ知る濃い面子
Jyankiryu Mahjong 02



近代麻雀マニアにとって彼らは雲の上の人との対戦にも等しい・・・はず。
・・・ゲームだけどね。



間違えて、このソフトのルールを一般人との対戦で適用したら総スカンを喰らう事になります。
だから、普通の麻雀のルールを知っており、なおかつショーちゃんのように麻雀に強くなりたいと思った人は購入してみてください。



対局終了後にショーちゃんが判定してくれます
Jyankiryu Mahjong 05



後述になりますが、彼は数々の神がかりのイカサマを使えるので、この麻雀を極めたからといって
必ず彼のように強くなれる保障はどこにもありません。
彼に掛かれば天胞・地胞、トリプル役満なんてお手の物です。
(ツバメ返し、仕込み、エレベーター、大三元爆弾、ギリや元禄積みなんて彼の業の一つに過ぎません。)

悪しからず!

クリックしていただけるともぐらが聴牌即リーします励みになりますm(。。)m
↓↓↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメント:2 トラックバック:0