FC2ブログ
もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2009/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2009/06


2009/05/03(日) 00:00 スーパーファミコン(SFC)
R-TYPE Ⅲ
R-TYPE Ⅲ
シューティング
スーパーファミコン
グラフィック:★★★★★
音楽:★★★★☆
操作性:★★★★☆
面白さ:★★★★☆
難易度:★★★★★
貴重さ:★★☆☆☆



今回はアイレムの名作シューティングシリーズで何故か微妙な位置にいるものをご紹介します。



R-TYPEⅢ
R-TYPE III 00





発売は1993年のスーパーファミコンオリジナル作品です。

R-TYPEシリーズといえば説明不要なくらい有名な横スクロールのシューティングシリーズです。

主な特色は以下の通りです。

自機は溜め撃ちで強力な波動砲を撃つことができる
耐久力が無限のフォースと呼ばれるバリアを脱着することで敵の攻撃に合わせた戦いが重要
敵はグロテスクなエイリアン
敵の攻撃は激しさを極め、高難易度である
音楽がイカス

これらの要素を踏襲しつつスーパーファミコンのオリジナル作品として登場しました。





簡単にシリーズをまとめると・・・



R-TYPE アーケード PCエンジン(前半をI、後半にIIとして分割) PS マークⅢ
R-TYPEⅡ アーケード PS
SUPER R-TYPE スーパーファミコン
R-TYPEⅢ スーパーファミコン
R-TYPE⊿ PS
R-TYPE FINAL PS2
R-TYPE TACTICS PSP
※GB・GBC・GBAでリリースされた携帯機作品はこの際、省きます。



後に発売されるスーパー、⊿(デルタ)のおかげでシリーズがよく分からなくなっています。
唯一プレイしたことが無い、一番最近発売されたPSPに至ってはジャンルすら変わっています・・・。

どうしたアイレム?!
パチンコソフト関係の仕事に力を入れすぎておかしくなったのでしょうか?

話はズレました。

全部で6ステージをクリア目指します。



描きこまれたグラフィックと不気味なエイリアン・・・R-TYPEの真骨頂です
R-TYPE III 03



先ほど述べた通り、このシリーズは高難易度です。

今回からは自機の主力兵器及び防衛システムのフォースを選択することが可能です。
これまでの元祖フォース、の他に二種類追加されています。
それぞれのフォースが変わると通常の攻撃も特性が変わるので攻略法が大きく変わります。



スタート時にフォースのタイプを選択することになります
R-TYPE III 01



ラウンドフォース:元祖シリーズから通して登場している黄色っぽいフォース
対空レーザー赤はこれまで同様、螺旋状に発射される見た目がイカス&攻撃力が高い
反射レーザー青もシリーズ同様、地形に反射して敵を攻撃、キレイ
対地レーザー黄も同様地形に沿って敵を攻撃、一部の面でコレが無いとキツイ

シャドウフォース:何か黒っぽいフォース
リバースレーザー赤は前方に二本のレーザーと上下に斜め45度進んですぐに後方に方向転換した前方集中レーザー
オールレンジレーザー青は前方に二本、フォース自身から二本の4本レーザー攻撃、フォースを調整すれば全方向攻撃可能
ガイドレーザー黄は前方二本、上下に二本地を這う高速レーザー

サイクロンフォース:オレンジと青がキレイに回っているフォース
スルーレーザー赤は機体前方に地形の一部を貫通可能な楔状の大型レーザーを放つ攻撃
スプラッシュレーザー青は機体前方に広範囲に拡がる5本のレーザーを放ち、地形や敵に命中すると円弧状に爆散し、爆風にも威力
カプセルレーザー黄は特殊なエネルギーカプセル2つまで設置、レーザーを連射し、かなりの破壊力

最初のステージからアホみたいな敵の攻撃に晒されます。
宿敵エイリアンのバイド軍は相当キテいると思います。



シリーズ通してたった一機にいつも軍を殲滅されているから納得ですね。



そう考えると、高度な文明及び圧倒的な軍にも関わらず負ける・・・ゴルゴ13に狙われたようなものですね。



通常の波動砲から更に溜めることでメガ波動砲を放つことができるのですが・・・





俺様TUEEEEEEEEE!!
R-TYPE III 02



しかしッ!!

溜める暇がありゃしねーぇえええええ!!



強力だが・・・使いどころがほとんど無い!!
一見するとメガフレアのような攻撃でかっこいいのに何とも勿体無い・・・。



溜めている時間=チキンになって逃げまくれ!!



ステージはどれも特徴あって楽しいのですが・・・

全く使う必要の無いスーパーファミコンの回転機能を無理して使った障害物はマジ止めて欲しい・・・
R-TYPE III 04



カスッたら死んでしまう!!



そして、更にショットボタンを押したままに溜めると一定時間ハイパードライブモードに突入することができます。
このモードは波動砲を10秒間程度連射できる状態になります。
この時発射される波動砲は先ほどのメガフレア・・・メガ波動砲より威力は下がりますがその連射性能から驚異的な攻撃です。



もちろん、その溜めメガ波動砲より時間は長く、使いどころが難しいです。



更に、この攻撃後は一定時間オーバーヒート状態に陥り、波動砲が12秒ほど撃てなくなります。



全体的に画面はスーパーファミコンの性能をフルに使ったキレイなものです。
音楽、効果音も迫力のあり、家庭用オリジナル作品の妥協は感じられません。

R-TYPE III 06





前作のスーパーR-TYPEはコンティニュー3回までしか出来なかったのに対して今回は無限コンティニューできます。

根気が有ればクリアできますが・・・二週しないと真のエンディングを拝めないので相当の覚悟が必要です。



もぐらは・・・積みました。
無理です・・・orz



二週目は攻撃が激しすぎて避ける気すら起きないくらい・・・orz
(昨今の弾幕シューティングに慣れていれば問題無いかも・・・)

中年ゲーマーにはお勧めすることができません。
出荷本数が少なかったのか意外と手に入れにくい作品です。




クリックしていただけるともぐらが刻むぞビート!震えるほどヒート!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメント:6 トラックバック:0