FC2ブログ
もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2009/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2009/09


2009/08/10(月) 00:00 PCエンジン(PCE)
ニンジャウオーリアーズ
ニンジャウオーリアーズ
アクション
PCエンジン アーケード
グラフィック:★★★☆☆
音楽:★★★★☆
操作性:★★★☆☆
面白さ:★★☆☆☆
難易度:★★★★☆
貴重さ:★☆☆☆☆





今回はPCエンジンの忍者ゲームをご紹介したいと思います。



ニンジャウオーリアーズ
Ninja Warriors 00



1987年のタイトーのアーケード作品のPCエンジンへの移植作品です。
アーケードは豪華絢爛、3画面を使った超横長アクションゲームでした。

大したゲームでもないのに三画面も使うなんて・・・バブリーすぎる!!

家庭用に移植された際に、大幅に画面が切られていますが仕方がありません。
その結果、巨大キャラクターが大幅に縮小、画面上下を黒くしてアーケードに近い比率を再現しています。



アーケードの雰囲気はバッチリ再現!!
Ninja Warriors 01



家庭用に移植された際に、本来二人同時プレイできましたが、削除されています。
ゲームスタート時に男女のキャラクターから好きな方を選ぶ形式になっております。



基本的にはひたすら敵を倒しながら右に向かっていけば最後にボスが登場して倒せばステージ終了というものです。



ステージ最後にボスとの死闘が・・・
Ninja Warriors 02



特徴
武器は手裏剣、クナイ
主人公はロボット
攻撃ボタンを押し続けることで防御できる
攻撃を喰らった箇所は部位が剥がれ、続けて喰らうと致命傷





このシステムのデジャヴが・・・










黄金の城ですね。わかります
Ougon No Shiro 00
※1986年のタイトーのサイドスクロールアクションゲーム。
至上初、鎧を剥がすという脱衣要素がありました。



メーカーも同じなのできっと同じ開発者が居たのではないでしょうか。
・・・個人的には黄金の城が近年まで家庭用に移植されなかったのが残念でなりません。
(PS2のタイトーメモリーズIIに若干修正されたものが収録されていますので是非抑えましょう。)



アーケード版にも言えることですが、メインの武器とも言えるクナイの射程距離が悲しいくらい短いです。
使用回数制限のある遠距離攻撃用の手裏剣は結構重要です。
うっかり間合いを読み間違えるとダメージを喰らいます。

ダメージを喰らった部位が剥がれるのは前述の通りです。
その剥がれて見えるものは・・・鉄。



色気ゼロですね・・・本当にありがとうございました
Ninja Warriors 05





そうです・・・
この忍者はサイボーグなのです。





わざわざ何で金髪のヅラを被っているのかさっぱり分かりません。
衣装は派手な赤だし・・・










全然「忍」ばないじゃねーか!!
Amiba 01










最初からサイボーグ剥き出しでも良かったのでは?





それじゃ・・・










Terminator 00



敵さん逃げてェエエエ!



かなり無理のあった移植ですが、アーケードの感覚を上手く移植していると思います。



Ninja Warriors 06



難易度は高く、とてもじゃないけどコンティニュー無しではクリアできそうにありません。
(3回までコンティニューできます。何故・・・3回しかないのだ。)



自機が死ぬとその場で崩れて爆発します
Ninja Warriors 03



何ともシュールですね・・・



操作感覚は独自で慣れるまではかなりツライです。
グラフィックはショボイですが、妥協できるレベルではないでしょうか。
音楽は音質が劣化したもののアーケードの雰囲気がよく出ています。

原作のファン以外はあまりお勧めできないですが、サイボーグ脱衣忍者アクションをプレイしたい人は是非!










ダダンダンッダダン!!
Terminator 01




クリックしていただけるともぐらの化けの皮が剥がれます!!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメント:0 トラックバック:0