FC2ブログ
もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2009/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2009/12


2009/11/08(日) 00:00 ファミコン(FC)
ペーパーボーイ
ペーパーボーイ ファミコン版
アクション
ファミコン メガドライブ アーケード 
グラフィック:★★☆☆☆
音楽:★★☆☆☆
操作性:★☆☆☆☆
面白さ:★☆☆☆☆
難易度:★★★★★
貴重さ:★☆☆☆☆



本日は海外でヒットしたクソゲーソフトをご紹介します。



意外と知ってる人が居るかも・・・
Paperboy 00





ストーリー:
林家ペーとパー子の間の息子としてお笑い界にデビューします。
ゲームスタート時は何もコネも芸も無い状態だが、偉大なる父の人脈を活用して世知辛い芸能界の頂点を上り詰めよう!!





お父さん・・・頑張るよ!!
Hayashiya Family 00











真っ赤な大嘘ですが!!



林家ペー:
芸能界屈指の記憶力の持ち主で、数多くの有名人の生年月日を完璧に記憶している事で知られる。
古今東西の芸能人から歴史上の人物・さらにはアニメの登場人物までの名前から誕生日を、また誕生日から名前を思い出す能力は驚異的。
なお、特に記憶力に秀でた芸能人としてはジェームス・ブラウンが有名だが、2006年12月にブラウンが他界した為、現在はペーが世界一の記憶力を持つ芸能人とも言われる。
有名人との写真を撮りまくる事でも知られる。
最初に撮影された有名人は郷ひろみで、パー子との2ショットであった。
膨大な枚数の写真とネガを保管するため自宅とは別にマンションを借りていたが、2005年からはデジタルカメラを取り入れた。
気に入った写真は大きく引き伸ばして本人にプレゼントすることもある。
即興のダジャレ(隣にいるパー子が爆笑するのがお約束)
「これは余談ですが...」「くしくも...」が口癖。

Wikiより



林家ぺーさん・・・

Σ(゜∀゜)半端ネーっす!!

ただのウルサイ駄洒落親父かと思いました。
この場を借りて謝りたいと思います。



話をペーパーボーイに戻します。

主人公はしがない新聞配達のバイトの男の子です。
クオータービューのアクションゲームで、各ステージの購読してる家に新聞を配るのが目的です。



ステージ開始時のマップで確認しよう!
Paperboy 01



道中は自分以外全て敵、激しい攻撃を避けながら、ひたすらユーザーに新聞を届けよう!!



家の色を判断するのがポイントだ!
Paperboy 02





主人公は街から相当嫌われている厄介者でしょうか?

まるで大恐慌時代のハーレム街での新聞配達。
もぐらがこんなに嫌われていたら引きこもります。
一歩も外に出ません。



最初に述べた通り、このソフトはクソゲーです。
その原因は数々のカオスなシステムによるものです。



契約者の家の玄関先に届くか、ポストにうまく入ると成功。
(これはアメリカでの新聞配達の現状を反映した内容に沿っている)
新聞を届けられなかったり、契約者の家の窓ガラス等を壊してしまうと次の日から契約が打ち切られてしまう。
ただし、契約していない家の窓ガラス等はいくら破壊しても良く、破壊するに従ってクラッシュボーナスが加算される。
また、道中には主人公の行く手を阻む障害物、敵キャラがいくつか出現する。
それらに接触するとミスとなる。
敵キャラは、新聞を投げることで攻撃できる。
また新聞が無くなった場合は、落ちている新聞を拾うことで補充できる。
各ステージの最後はトレーニングステージ(ボーナスステージ)となっている。
無事に1週間配達できればクリア。

Wikiより



突っ込みどころが多すぎて混乱しそうです。



一般市民(敵)の動きがイヤ過ぎる・・・確実に殺意がある!!
Paperboy 03



契約をしていない家は悪!!

窓ガラスを破壊してもお咎めなしどころか、ボーナスまで・・・。

「残虐行為手当て」でしょうか!!
Zangyaku 01
※ピットファイターより



商品とも言える新聞を一般市民に投げつける・・・

何という押し売り!!



新聞が無くなったら拾って補充・・・

お前の配ってる新聞はフリーペーパーか!



街中から嫌われるのが大変良く理解できました



ステージの終わりはボーナスステージ・・・意味が分からん・・・
Paperboy 04


総評:
・グラフィックはいまいちです。
使ってる色が少なく殺伐とした世界観が完成してます。

・音楽も頭の悪さ全開モードで作品に合っています。

・操作性はかなり悪く、クオータービューのせいでいまいち正確な操作が出来ません。
実は新聞を配達する行為そのものが一番難しい・・・
嫌がらせに近いレベルです。

・難易度は極悪です。
敵のイヤ過ぎる動き、一撃死、極悪な操作性全てが見事に調和してクソゲーを完成させました。



もぐらは一週間も耐える忍耐力が無い!!
Paperboy 05



昨今のユーザーフレンドリーなゲームに慣れている方は全く持ってお勧めしません。
そうです・・・こんなクソゲーは間違えても買わない方が人生のためです。



クリックしていただけるともぐらが新聞購読解除!あ・・・購読してなかった励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメント:11 トラックバック:0