FC2ブログ
もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2020/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/07


2009/09/10(木) 00:00 PCエンジン(PCE)
クレスト・オブ・ウルフ
クレストオブウルフ
アクション
PCエンジン アーケード(RIOT CITY)
グラフィック:★★★★☆
音楽:★★★★☆
操作性:★★★★☆
面白さ:★★☆☆☆
難易度:★☆☆☆☆
貴重さ:★☆☆☆☆



本日はPCエンジンのソフトをご紹介します。



クレストオブウルフ



1993年2月リリース作品。
開発はワンダーボーイシリーズのウエストンでリリースはハドソン。
実はアーケードで「RRIOT CITY」という名前でリリースされていた移植作品です。



おおかみてきもんしょう??
Crest Of Wolf00










無名すぎる!!
Shura01.jpg



ウエストンとハドソン???





この両社のタッグは期待せざるを得ない!!





ストーリー:
警察すら手を出すことができない犯罪組織ジャドーに誘拐された恋人を救出するためにトニーとホークが戦う!





※某プロスケートボーダーは関係ございません
Tony Hawk 00





ゲームスタート時はキャラクターセレクトです・・・





ならず者が紛れ込んでいる気がする!!
Crest Of Wolf01





・・・何か、とてもファイナルファイトな香りがプンプンするけど・・・気のせいだよね!!
ってか、トニーがクルードバスターズのアイツに似ていない?





Crude Buster Sample
※DECOの「Crude Buster」より





見た目二人同時プレイできそうでできないのも気に入らないが・・・。



早速プレイして見ると・・・



な・・・なんだと・・・!!
Shura00.jpg




コレは・・・某ファイトではないのか???
Crest Of Wolf 05





ファイナ○ファイトをパクリにパクッた作品じゃねーか!!





しかもその劣化ぶりは凄まじいものがあります。



1)キャラがかなり小さい
何か損した気分になります。



2)自キャラの攻撃バリエーションが非常に少ない
1分で飽きてしまう少なさ。



3)敵、自キャラ全てのアニメーションパターンが少ない
もう、動きがガクガク。
シャブを打って足腰にキテるんじゃないかと勘違いできるレベル。



4)一つのステージが異様に長い
ステージ中は進めど進めど、倒せど倒せど最後が中々見えてこない。

あまりのステージの長さでマジで

あぁ!きっと全てのステージが繋がっているシステムなんだね!
きっと、だいぶ進んだんだよおいら!

って騙されてしまいました。



5)敵の思考パターンが単純。
敵にはマイペースにフラフラキャラに近づいて攻撃するだけ。
(たまに間を開けることもあります。)



6)難易度が低く、非常に単調。
難易度調整されずにそのままリリースされたと思うくらい歯ごたえが無い。





このイライラをつい通行人の老人にもぶつけたくなる気持ちも納得できます
Crest Of Wolf 02





コイツは同人ゲーム以下のデキだぜ!!
Shura01.jpg



当時ファイナルファイトが流行っていたからといって自分たちでそれっぽいものを手っ取り早く作ったのがミエミエ。
何かオリジナルティを入れて原作(?)を超えてやろうという気迫がまったく伝わってきません。

操作は非常にシンプルで攻撃ボタン、ジャンプボタン、両方同時押しで体力消耗しながら無敵広範囲攻撃。
敵に接近すれば掴むことも可能なところまでファイナルファイトと一緒であります。





婦女暴行罪の現行犯・・・もうどっちがワルかわかりません!!
Crest Of Wolf 03





この偽コーディは例によってリーチが短いが連射が効き、威力があまり無い、
この偽ハガーは例によってリーチはあるが連射ができない、でも威力大。



何と言うパクリズム!



オリジナリティなんてクソ喰らえッ!



そんな開発者の意気込みが伝わってきます。



ファイナルファイトではステージ上の障害物を破壊して中からスコアアイテムや体力回復アイテムが出ました。





クレスト・オブ・ウルフはどうでしょう?



たまに敵を倒すとぽ~んと敵から出てきます。





開発者・・・舐めとんのか?



背景にドラム缶やらバリケード書いてる暇あったら破壊させろよ!



しかもどの敵キャラクターがアイテム持っているか判別不能!!



あのファミコンの北斗の拳でさえ「あべし」持っている敵はピンク色していたのに・・・。



次はお前の番だ!!
Crest Of Wolf 04



こんなカスゲーですが、良い点もあります。

1)敵を倒した時に放たれる断末魔、「グェッ!!」という声がとってもリアル!
思わずもらいゲロするくらいのレベルです。
   グェッ!
     ∧_∧
    (ill´Д`)
    ノ つ!;:i;l 。゚・
   と__)i:;l|;:;::;:::⊃
    ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃



2)CDなのに読み込み時間を感じさせない!
内容がスカスカなのか、シームレス!



3)音楽がカッコいい!!
何かイイ感じ。



4)コンティニューが3回まで可能
十分すぎるし、スタート時に残機が多い!



5)難易度が低いので三歳の息子が大好き!
(3面くらいまで逝けるゼ!)
おかげでゆっくり他のことができる。



Wiiのバーチャルコンソールで遊べるのでお金と時間が無駄に余っている人でクソゲー好きは是非!
(ウエストンは大好きなメーカーだけに残念な出来でした・・・)





クリックしていただけるともぐらがソフトをフリスビーに!!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメント:0 トラックバック:0

グラディウスIII (スーパーファミコン版) 新規相互リンクのご案内
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する