FC2ブログ
もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2020/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2020/06


2009/09/02(水) 00:00 ゲームキューブ(GC)
斑鳩 GC版
斑鳩 GC版
アーケード GC DC
シューティング
グラフィック:★★★★★
音楽:★★★★★
操作性:★★★★★
面白さ:★★★★☆
難易度:★★★★★
貴重さ:★★★★★



せっかくだから今日はGCのレビューをするぜ!!





斑鳩
Ikaruga GC 00





は・・・う・・・?!
Shura00.jpg





「いかるが」と読みます。





普通生きていたら使うことなく人生を終えそうなぐらいマニアックな鳥の名前ですね。
雑誌でこの題名見たとき、読めずに固まったのは内緒です。



移植の際、豊富なモードが追加されています
Ikaruga GC 01



実はご存知の方が多いと思いますが、この作品、シューティング界ではかなり有名なソフトです。
それもそのはず、開発はあのトレジャー、ハズレはありません。
ついでにプレミア付いてしまいます。
トレジャーは説明不要かもしれませんが、元々コナミの開発スタッフが終結した会社です。
彼らの開発したソフトはどれも作りこまれ、素晴らしい作品が非常に多いです。

難易度が例によって高いのですが
トレジャーファンであれば承知の上で購入ですね。



スタート直後から敵の攻撃は激しいです
Ikaruga GC 02



今作は原作は2001年12月20日リリースされたアーケードの縦スクロールシューティングです。
DC版は2002年9月5日、GC版は2003年1月16日リリース。
これまでマンネリ化してきたこのタイプに決定的なシステムを組み込みました。

それは属性です

単純に白黒の二種類の属性です。
自機をいつでも好きなときにボタン一つで属性を切り替える事ができます。
同じ属性であれば敵弾を吸収します。
敵も二種類しか弾を放ってこないので視認は簡単です。
もっとも、その量が尋常ではないですが。



細部まで美しく描きこまれたグラフィックは一見の価値あり!!
Ikaruga GC 04



慣れてくると敵の攻撃を見切って属性を切り替えることで吸収して乗り切ることも可能です。
吸収した弾はボムのように放つことも可能なのでその表裏一体のシステムはただ逃げて撃つ従来のシューティングと大きく異なりますね。



敵も白黒ハッキリとどちらの属性なのか瞬時に判断できますね!
Ikaruga GC 05



グラフィックも白黒のグラディエーションを折り混ぜた美しいものです。
高速スクロールや3Dの演出があるので常に迫力ある画像を楽しめます。

時機自体は当たり判定が小さいですが、敵の弾幕は画面を覆いつくする勢いです。
特にボス戦は白黒属性を頻繁に切り替えるので見切りながら、避け、吸収、攻撃を上手く織り交ぜて戦う必要があります。



障害物を連射で破壊するのだッ!
Ikaruga GC 06



自機はパワーアップは一切無く、アイテムらしいアイテムは一切有りません。

何て漢らしいシステムだろうか。

敵をコンボで破壊することと、避けることに集中できる洗練されたシステムではないでしょうか。

そうです、敵を連続で倒すとコンボになり得点が上がってくる。
ハイスコア(死語)を無理して狙うか、安全に進めるかはプレイヤーの自由。
二人同時プレイも可能なので役割を分担して協力すると盛り上がります。



レーザーであろうが、弾だろうが同属性であればノーダメージ!!
Ikaruga GC 07



全5面とステージ数は決して多くないが、完全な覚えゲーなので丁度いいボリュームではないでしょうか?
最後にプレイヤーの腕前を12段階で評価してくれるので自分の力量がどの程度何か知る事ができます。

実は、敵弾を属性を切り替えて吸収することで一切敵を攻撃せずにクリアすることも可能です。
ボスは時間切れになるまでひたすら吸収OR避けしかできず、相当な腕前が無いと無理ですが。

最後まで弾を一発も打たないでいると、DOT EATER!という称号を得ることができます。
もぐらはそんな変態的な腕前が無いから無理・・・orz



GC版はアーケード版、DC版と比べてどのような差があるか分かりませんが、読み込み時間や処理落ちが無く快適そのものです。



ポリゴンを一切感じさせない敵と背景は芸術です・・・
Ikaruga GC 08



希少価値で言えば完全移植のDC版がプレミアがよりついており、GC版のほうがまだ手に入れやすい状況です。
DC版が7千円~2万円、GC版が5千円程度です。



トレジャーの傑作、腕に自信があるツワモノは是非トライしてください!!



クリックしていただけるともぐらが「斑鳩」という漢字をマスター!!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメント:2 トラックバック:0

GREAT TANK ワンダープロジェクトJ2 コルロの森のジョゼット
コメント一覧
Bullcat
もぐらさん、はじめまして。Bullcatといいます。
当方レトロゲーム好きを謳っていますが、実はGC版斑鳩を持ってます・・・。
アーケード版を一通りやり込んだ立場で言わせて頂くと、GC版はアーケードとほぼ遜色ない出来で素晴らしい移植だと思います。
トレジャー作品はどれも最高ですね。レイディアントシルバーガンも好きでしたが、どちらかと言うと斑鳩の方が好きです。

圧巻のグラフィックは元より、奥深いストーリー性とラストの主人公の結末は涙無しにはプレイできない・・・。
あと音楽の完成度が凄まじく、展開に合わせて曲調が変わるところに、スタッフのこだわりが感じられて良いですね。特に3面の中盤、速度を上げて敵要塞に突っ込むシーンに合わせて曲のテンポが上がるシーンがとても格好良くて好きです。
URL 【 2009/09/02 20:27 】 編集
もぐら
Bullcatさん
コメありがとうございました。
斑鳩は本当に楽しいですよね。
さすがはトレジャー!!
時間が出来たらレイディアントシルバーガンやライトクルセイダーズもレビューします!!

え?
涙無しには観れないED???
しまった!!積んだままです・・・orz
ムズイから最終面前であきらめました・・・
URL 【 2009/09/05 03:18 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する