FC2ブログ
もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2021/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2021/05


2009/09/17(木) 00:00 メガドライブ(MD)
ジノーグ
ジノーグ
シューティング
メガドライブ
グラフィック:★★★★☆
音楽:★★★★☆
操作性:★★★☆☆
面白さ:★★★★☆
難易度:★★★★★
貴重さ:★☆☆☆☆





本日はメガドライブのカルト的人気のあったシューティングをご紹介します。



ガチムチ天使のシューティング・・・だと?
Gynoug 00





1991年にリリースされた本作は、有名な理由はいくつかあります。
そのもっとも大きな理由は世界観がかなり濃く、一般受けするような作りではありません。



システムは至って普通の2D横スクロールシューティングです。



一番の特徴はその描きこまれたグラフィック・・・















悪い方向にな!!
Amiba 00





グラフィック原画は後に有名になる超兄貴シリーズの人が手がけ、開発も共通チームです。



機関車に不気味な顔が・・・!!キモイ!!
Gynoug 03




超兄貴

このゲームが伝説として名の残るものとなったのは、キャラの色物ぶりに対し、ゲーム性はまともであり、横スクロールシューティングとしてはごく普通に楽しめるものだったことが挙げられる。このゲームは、先に発売されていたメガドライブ版『ジノーグ』を事実上の母体としており、製作スタッフ陣も同一である。特異なステージクリア時のデモもそのまま『ジノーグ』から引き継がれている。難易度は高かったが、初代超兄貴では男の(メンズ)ビームがほぼ連続で発射できるため、『ジノーグ』よりも難易度がかなり下がっている。続編や他機種版は連続発射が出来ないので、発射タイミングを図る必要があった。



知る人ぞ知る、伝説の馬鹿ゲー・・・超兄貴!!
Cho Aniki 01
※PCエンジン版「超兄貴」より



中井覚氏

イラストは人物から怪物、メカニック、背景まで幅広い題材を手がける。ファンタジックなテーマをリアルに表現する手腕に評価が高い。中でもゾンビ、死霊、骸骨といったアンデッド系モンスターの絵は湿った冷たい表皮の質感が生々しく描き出されている。業界では敬意を込めて「ゾンビ絵師」と称されている。

またゲーム『ジノーグ』(NCS)では、人体パーツ(臓器含む)とメカを合成した敵キャラクターをデザイン。「歪み」と「クール」を併せ持つ斬新な造形を見せ、当時のメガドライバーに衝撃を与えた。

さらに『カルドセプト』シリーズ(製作:大宮ソフト)には第一作のサターン版から参加。全361枚中187枚のカードイラストと画廊イラスト14枚を担当し、得意のゾンビからドラゴン、亜人種、美女、小動物まで世界各地の伝説のモンスターを手がけた。同シリーズの特徴である重厚な世界観を創りあげる一翼を担っている。

Wikiより



よって全てがアニキ臭がプンプンする独自の世界です!!










マジでキモイグラフィックが満載であります!!



どいつもコイツも地獄の苦悶のような表情だッ!!
Gynoug 04





パワーアップシステムも敵を倒すことで出現するジェムを取ることで徐々に攻撃範囲と攻撃力が上がります。
(3種類のショットと8種類の魔法攻撃)

全体的にキャラクターが小さいので当たり判定も小さいのですが、敵の攻撃は圧倒的で厳しい難易度となっています。
メガドライブの限界まで挑戦したかのような弾幕がプレイヤーに襲ってきます・・・。



ここまでパワーアップさせるのにかなり苦労する・・・
Gynoug 02



そう・・・
信じられるのは己の運動神経と指先だけ!!

全6ステージは正直キツイ・・・
ボリュームありすぎだよ!!
(グラフィック的に・・・)



画面も暗く、派手さは皆無ですが歯ごたえのある難易度と操作性の良さで楽しい作品です。



色気ゼロの世界・・・てか汗臭さがプンプンする世界観・・・
Gynoug 05



シューティングに自信がある玄人向けの作品なので初心者には一切オススメしません。

超兄貴シリーズ好きなら絶対にプレイしてみてください。
硬派な劇ムズシューティングを味わうことができます。



これだけ悪趣味なシューティングは超兄貴シリーズとコレ以外無い!!
Gynoug 06
※本作品にはマッチョなボディービルダーやプロティンは一切出てきません




クリックしていただけるともぐらが体を鍛え始める!!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメント:4 トラックバック:0

新規相互リンクのご案内 ありがとうございます!
コメント一覧
Bullcat
アニキと言えば昔、早朝やってたテレビ番組「ウゴウゴルーガ」で「あにき」っていうコーナーがあって、それがめちゃ面白かったですね。
ゲームと全く関係ない話題でスンマセン( ´Д`)
URL 【 2009/09/18 23:04 】 編集
もぐら
Bullcatさん
こんにちは。
「ウゴウゴルーガ」・・・だと・・・?
www昔、高校に行く前に見ていましたよwww
あのキモイデザインはインパクト抜群でしたね。

PCエンジンに「機装ルーガ」というソフトがありましたが、全く関係ないシミュレーションゲームでした。
・・・誰も知らないですよね・・・「機装ルーガII」もリリースされたのに・・・
URL 【 2009/09/18 23:35 】 編集
Bullcat
ウゴウゴルーガをリアルタイムで観ていた人に会えて感激であります。
YouTubeで「あにき」と「みかん星人アワー」がラッシュ放映された時の映像があったので、それ観てまた笑っちゃいました。( ´∀`)
URL 【 2009/09/18 23:46 】 編集
もぐら
ウゴウゴルーガは独自のノリと濃さがあるので一般受けしないですよね。

全国ネットでもないようですし。
もぐらはテレ東で観ていましたよ。

あのシュールさは味があってサイコーです!!www
URL 【 2009/09/19 06:33 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する