FC2ブログ
もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2020/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2020/07


2009/10/14(水) 00:00 ファミコン(FC)
アルカノイド ファミコン版
アルカノイド
パズル
アーケード ファミコン
グラフィック:★★★☆☆
音楽:★☆☆☆☆
操作性:★★★★☆
面白さ:★★★★☆
難易度:★★★★☆
貴重さ:★☆☆☆☆



こんにちは、本日は大昔の元祖ブロック崩しゲームをご紹介します。



・・・今となっては知らない人だらけ・・・かも?!
Arkanoid FC 00



アルカノイドというゲームは1986年にアーケードで人気を博したパズルゲームです。
いわゆるブロック崩しというジャンルになります。



ただのブロック崩しなのにきちっとしたストーリーまで・・・
Arkanoid FC 01



自機は左右にしか移動できず、ボールのような弾を壁に跳ね返しながら設置してある破壊可能の壁をすべて破壊するのが目的です。
画面上の破壊可能の壁をすべて破壊すれば次のステージに進みます。
ボールのスピードは時間の経過とともにスピードがどんどん上がり、自機の下の画面外に落とすと死亡します。

全部で33面で最終面のボス、Dohを破壊したらエンディングです。



グラフィック、サウンド共に当時のアーケード版を上手に再現!!
Arkanoid FC 02



もともとは1976年のアタリ(故)が開発した「ブレイクアウト」というアーケード作品がもとになっています。
タイトー(故)が上手にパワーアップさせて大ヒットしたので、以後アルカノイドの二番煎じ作品が多くリリースされました。

アーケードではパドルをつまんで左右に移動させる独自のコントローラ()が特徴でした。



複数のボールが出るパワーアップでパニックになるのはもぐらだけ?
Arkanoid FC 03



パワーアップアイテムは壁を破壊するとランダムで出現し、効果は以下の通りです。

スロー(橙:S):エナージーボールのスピードが遅くなる。
キャッチ(黄緑:C):ボールがバウスに弾かれずに、着地したままになる。一定時間経過またはボタンを押すことにより、エナージーボールを発射することができる。
ディスラプション(水:D):エナージーボールが3個に増える。
エキスパンド(青:E):バウスの長さが1.5倍に伸びる。
レーザー(赤:L):ボタンを押すことによりバウスがレーザーを撃てる。連装だがどちらかのレーザーが当たると両方とも消える、画面上に2連射まで可能。
ブレイク(桃:B):画面右端に出口が開き、次の面へ行くことが可能になる。脱出すると10,000点のボーナス。
プレイヤーエクステンド(灰:P):バウスの残数が1増える。



Wikiより



元祖ドラえもんの声優、大山のぶ代さんはアルカノイド(だけ)の大ファンで
1コインで全ステージクリアできる腕前という話はあまりにも有名です。
スコアは全国二位・・・










スゲーよ!!ドラえもん!
Doraemon MAD 00
・・・アレ



このファミコン版はアーケードに忠実な移植で、なかなかの再現度です。
カセットには専用のダイヤル型コントローラが付属し、操作感覚は完璧です。
音楽はステージ開始されるテーマ曲以外は主だった曲はありません。


多彩なステージ!!33面はちょうど良いボリューム
Arkanoid FC 04



ひたすら、キーン、カコーンという壁に当たる効果音のみ。
(敵を破壊したり出現するSEはあります。)

ストイックな世界ですが、緊張感が半端ないです。



総評:
・グラフィックはゲーム性には関係のですが、当時のアーケード版の雰囲気が十分表現されています。

・音楽は無いようなものです。

・操作性は専用コントローラーが抜群の再現しています。

・単純ながら楽しい作品だと思います。

・難易度はプレイヤーの忍耐力しだいです。
単純なルールだから長時間はキツイ・・・



精神的に忍耐力がある人がクリアできる!!
Arkanoid FC 05



もぐらは無理でした



当時のアーケード版のファンであれば満足できる完成度だと思います。


おまけ:
裏技でコンティニューできます
↓↓↓
タイトル画面でA,Bを押しながらセレクトを5回押してスタート



クリックしていただけるともぐらが名古屋撃ち・・・アレ!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメント:8 トラックバック:0

新規相互リンクのご案内 Tatsujin メガドライブ版
コメント一覧
ペケペケ
個人的には満点(笑)。
ほぼ無音ですが、タイトル画面とステージ開始の音楽がいまだに忘れられないですね。
再現したくてリコーダーで音を探した覚えが・・・

アルカノイド1は3面が鬼門ですなぁ。そこをこえれば楽になるのに。
専用コントローラーはアルカノイド2についていた青いヤツを使ってました。
URL 【 2009/10/14 00:52 】 編集
御堂 桜司
ブロック崩しはシンプルながら中毒性の高いジャンルですよね(^o^)

オイラも玉が三つになった時、緊張感も3倍になります(゜o゜)
アイテム取ろうとして死ぬのも日常茶飯事です。

ヘタクソなんですよね…(+o+)
でも大好きなゲームです。
URL 【 2009/10/14 11:50 】 編集
ATR
はじめまして、ATRです。
アルカノイドかぁ‥ 買った当時専用コントローラーに慣れなくて、「これならコントローラーでやる」とキレた記憶しかないです。

すいませんこんなことで‥ ではまた。
URL 【 2009/10/14 20:05 】 編集
すしまる
アルカノイドと言えば・・・大山のぶ代さんですよね~。
筐体も持ってるそうですね。

私もPS版のリターンズを何度かやったことがあります。
レーザーでブロックを消せるのもアルカノイドならではと言えますよね。

ボスなんかもいっぱい多くて難しいんですよね・・・。
URL 【 2009/10/14 20:41 】 編集
もぐら
ペケペケさん
こんにちは。
コメありがとうございました。
好きな人は好きですよね!!
あのステージが始まる前のテーマ曲が秀逸ですよね。
リコーダーで再現するとは・・・イカス。

もぐらはアルカノイドが名作で元祖だと知りつつ・・・
「謎の壁」が好きです・・・。
URL 【 2009/10/14 21:44 】 編集
もぐら
御堂さん
こんにちは。
コメありがとうございました。
アルカノイドは不思議な魅力がありますよね。
あの玉のスピードが速くなるとテンションも同時にッ!
あのアイテムが出るとつい玉をほったらかしにして取りにいくのは本能です。
煩悩?
飽きてもまた時が経つとプレイしたくなるのは不思議ですよね。
URL 【 2009/10/14 22:13 】 編集
もぐら
ATRさん
コメありがとうございます。
専用コントローラは斬新でしたね。
慣れないうちはコントローラのほうが快適というワナ!!
専用コントローラが異常に高額だった希ガス。
URL 【 2009/10/14 22:36 】 編集
もぐら
すしまるさん
コメありがとうございました。

PS版もすごくシンプルでエフェクトがキレイで気に入っています。
特に変なアレンジが無いのも好感ですよね。

セーブもできたのが最高にハイ・・・いや、うれしい要素だった希ガス。
URL 【 2009/10/14 22:44 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する