もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013/10/11(金) 00:00 ファミコン(FC)
脱獄 Prisoners Of War
脱獄 Prisoners Of War
アーケード ファミコン
アクション
グラフィック:★★★★★
音楽:★★★☆☆
面白さ:★★☆☆☆
難易度:★★★★★
貴重さ:★★☆☆☆



皆さんこんにちは。
もぐらです。


本日は昔のSNK硬派アクションゲームを紹介します。





脱獄!
Datsugoku 00





本作品は1988年アーケードで2人同時プレイできたベルトスクロールアクションゲームでした。
翌年の1989年にファミコンに移植されました。



アーケードとファミコン版の大きな違いは2人同時プレイができなくなってしまった事です。
他は忠実に移植されております。





爆薬を使用し、スタート!
Datsugoku 01





システムはシンプルにステージクリア型のベルトスクロールアクションゲームです。
過去にダブルドラゴンを経験していたらすぐに遊べます。


ステージ中に敵を蹴散らし、敵のマシンガン(弾数制限有り)を奪い、ステージ最後に現れるボスを倒すとクリアです。

グラフィックは細かくドットが描きこまれており、雰囲気は完全移植といっても良いレベルです。
操作性も、攻撃、ジャンプと同様です。
しかし、非常に残念なのはいまいち面白く無いことです。



いくつかの原因があります。
・敵もキャラクターもモーションが非常に少ない
・難易度が異常にキツイ
・爽快感が無い



ボス、沢山降りてくる雑魚を蹴散らせ!
Datsugoku 02



素材は非常に良いのですが、作りこみがいまいちですね。
SNKは決して悪いメーカーではありません。
他の競合でライバルというとテクノスジャパンです。
くにおくん、双裁龍シリーズのベルトスクロールアクションに比べると負けてしまっています。





クリア時には渋いグラフィックでストーリーが進む
Datsugoku 03





「脱獄」といいつつも実は多勢に無勢、ランボーゲームです。



全然脱獄じゃない・・・。



孤軍奮闘・・・いつも一人さ・・・
Datsugoku 04



実はテロリストかも・・・。
ノリ的には映画「ランボーIII怒りのアフガン」です。



これだけ描きこまれた重機はみたことが無い!
Datsugoku 05



とにかく、難易度が高い原因はワラワラと出る雑魚の多さと
あまりにも攻撃パターンの少ない主人公です。



ハート様のようなボス・・・
Datsugoku 06



基本的にパワーアップしない主人公はパンチ・キックで数百人の雑魚にかなうわけがありません。
人海戦術で攻めてくるバランスはいつか苦行だと感じるのはもぐらだけでしょうか?

主人公が必殺技をいくつかあげれば良かった・・・



デカキャラよりも雑魚の量に閉口します
Datsugoku 07



スコア:62/100

非常に惜しい・・・。
バランスと操作性をいじれば名作になりえた作品です。





ヒィイイ!!その人数じゃ敵わん・・・のぢゃ!
Misumi00.gif





クリックしていただけるともぐらがもっとレビューする・・・かも励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

悪魔城ドラキュラ もぐら収穫期~外伝~
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。