もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014/02/21(金) 00:00 PCエンジン(PCE)
サンダーブレード(PCエンジン版)
サンダーブレード(PCエンジン版)
アーケード PCエンジン マークⅢ(マスターシステム)
アクション シューティング
グラフィック:★★★★☆
音楽:★★★★☆
面白さ:★★★★☆
難易度:★★★★☆
貴重さ:★☆☆☆☆



皆さん、こんにちは。
もぐらです。



本日は、前回の予告どおり、今回もセガの体感シューティングのレビューします。



サンダーブレード!!
Thunder Blade PCE 00





前回のスーパーサンダーブレードとの違いが分からない!
Super Thunder Blade MD 00
※メガドライブのタイトル画面





前回のレビューと一部ダブってしまいますが、本作品はセガが1987年にアーケードの体感ゲームとしてリリースした同名ソフトの家庭用移植版です。
前回のメガドライブと大きく異なり、拡大縮小回転機能の無いPCエンジンで出来る限り忠実な移植を目指した内容です。



PCエンジンには数多くのアーケードソフトが移植されておりますが、かなりの数量は開発が難航し、延期を繰り返した作品が多いです。
この作品もその中の一つで、当時のもぐらの記憶から消えるくらい、あまりにも延期が多かった・・・。
(4回もプログラマーが変わった過去があるようです。)



アーケード同様システムはアパッチのような戦闘ヘリを操って、テロリスト(ゲリラ集団?)を殲滅すべく全4ステージクリアを目指します。





当時大ヒットした映画「ブルーサンダー」を意識した作品であることは間違いありません。
その証拠に複数のヘリをトレースしたグラフィックやイラストが多く採用されています。



著作権に甘い良い時代だったなぁ!
Zako000.jpg





アーケード同様に各ステージは以下の展開で進みます。



ステージ開始時、上から見下ろし2D視点




拡大縮小は削除・・・
Thunder Blade PCE 01



3D視点



アーケードと異なって建物がペラペラなのはしょうがない!
Thunder Blade PCE 02



中ボス戦



上から見下ろし視点によるステージボス戦



ステージ最後の巨大兵器を叩き潰せ!
Thunder Blade PCE 03



このように進行方向だけでなく、2Dと3D視点が切り替わるシューティングゲームは非常に珍しいです。
もぐらの知る限り、グラディウスⅢ(アーケード版)だけです。
・・・他にあったらごめんなさい。



視点が異なるということは全く異なるゲームシステムが2つ混在するので、バランス・システムを含め、非常に難しいのでしょうね。
それを損なうことなく、上手くまとめた作品はセガの強みです。
(グラディウスⅢの場合、3D視点部分が極めて難易度が高く、不評。黒歴史?)





見た目は究極タイガーのようですが、独自のヘリの慣性で実はクセがあります・・・
Thunder Blade PCE 04





ゲームのバランスは元がアーケードということあって、若干難しいですが、初心者でも4-5時間やればクリアできると思います。
2Dでも3Dでも自機がヘリコプターなので、操作に独自の慣性が働きます。
そのクセをヘリのリアリティと取るか、悪い操作性と捉えるか難しいところです。
個人的には独自の操作性ゆえに難易度が若干下げて作ってあり、丁度良いと思います。





狭い障害物を通る時はスピードを落とすんだ!
Thunder Blade PCE 05





音楽や効果音は爽快感があって、アーケードの雰囲気を十分に再現しています。
アーケードをやり込んではいないのですが、全体的には高レベルな移植だと感じます。





画面に入りきらない巨大なボスとの戦いは楽しい!
Thunder Blade PCE 06





さすがに今のご時勢で当時の定価である7,560円を出す価値は全くありませんが、アーケードを経験した事がある人は一回はプレイする価値はあると思います。





2Dの画面は今見るとショボイ・・・
Thunder Blade PCE 07





戦闘ヘリが大好きで、テロやゲリラを許さない正義感の強く、USA!USA!な人のマストバイアイテムだ!!
ところで、画面に入りきらないほど巨大な戦艦や兵器を持つテロリストって、非現実的ですね。






ジャングルの柱を避けながらテロリストを殲滅せよ!ブルーサンダー!
Thunder Blade PCE 08
※ブルーサンダーではありません






この作品は、マークⅢ、PCエンジンのみと他のセガの体感3D移植作品の中では非常に少ない方です。
個人的には好きな作品なので、より完成度を高めた移植や続編を期待しています。
(今のSEGAには無理でしょうね・・・。)





スコア:80/100





発売延期しまくったのを待った甲斐があったようだ!
Falco00.jpg






クリックしていただけるともぐらが他のヘリゲームをレビューする・・・かも!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント:6 トラックバック:0

ファンタシースター(マークⅢ版) Bio Ship Paladin(海外版:宇宙戦艦ゴモラ)
コメント一覧
beebee
主演のロイ・シャイダー、格好良かったですよね。

もぐらさんこんにちわ。サンダーブレードはゲーセンでやってました、
筐体に乗るのを照れながら。マーク
3版も持っていますがクリア出来て
無いです。。。

各機種への移植レビュー、良いですね!子供の頃は、ハードもソフトもそんなに買い替え出来なかったから、今になってレビューを見て、懐かしくも新たな発見があります。

私ごとですが、先日PCエンジンスーパーグラフィックスを手に入れまして、念願のPCE版の大魔界村をやっています。メガドライブ版も、海外マーク3版も、プレステ版も、プレイしました。なんというか、音楽で言う所の、Remix版を聴くような感覚で、どれも楽しいんですよね、自
分は。
URL 【 2014/02/21 12:21 】 編集
もぐら
Beebeeさん
コメント有難うございました。
ロイ・シャイダーさんのブルーサンダーは最高でしたね~。
ゲーセンでサンダーブレードを?勇気がありますね!もぐらは当時、シャイ過ぎて、一回しかプレイ出来ませんでした。ついでに、酔いました・・・。
マークⅢ版は当時として4Mの大容量を駆使し、中々良かったですが・・・難しかったです。

同じ作品でも色んな特色のある移植があって楽しいですよね。
レビューしていますが、Wikiを片手にすごく勉強になっています。
ビタイチ役に立ちそうにありませんが。

PCエンジンのSGを入手ですか?学生だった当時、あの39800円という価格は出せなかったです・・・。
あの大魔界村の出来が格別のようなので、いつかは入手したいと考えていました。素晴らしいレアな買い物ですね。(海外MKⅢ版のリミックスされた大魔界村もアリだと・・・。)

これからもよろしくお願いします。
URL 【 2014/02/22 00:02 】 編集
beebee
海外マーク3版の大魔界村、私も大アリだと思います!

もともと、もぐら氏のブログに辿り着いたのは、海外マーク3版ソフトの検索をしていた時なのです。やや!?このゲームセレクト、、、このひと熱いな!そしてなんだ?北斗の拳?すごい独特だ!と、笑。

これからもゲーム愛あふれる記事をお願いいたします。
URL 【 2014/02/23 13:09 】 編集
もぐら
Beebeeさん
まさか、あの海外MKⅢ版「大魔界村」を知っているとは?
嬉しいです!
海外のマニアックな作品・移植には日本では発売されなかった不遇の作品がかなりありますよね。
(海外マークⅢ版「北斗の拳」は別の意味でショックでした。)
また、北斗の拳マニアの理解者で嬉しいです。
これからも懐かしいマニアックな作品や海外のアレな作品をレビューしていきます。

これからもよろしくお願いします。

※ブログがバグって表示されていつのはわざとではないです・・・。
下手にいじるのが怖いので、そのまま・・・。
今後もファミカセを変な刺し方でバグったような画面でいきます。

もぐら
URL 【 2014/02/24 00:42 】 編集
WildCat
もぐらさん
暖かいお言葉ありがとうございます。
お話から似た境遇のように感じ、分かり合えたようで大変嬉しく思います。
近いうちに復活しますので、その際はまた宜しくお願いします。(´-`)

サンダーブレード懐かしいですね~
子供の頃メガドラ版をやってました。
2Dから3Dに変わるゲームは確かに珍しいですね。建物のペラペラは仕方ない(笑
URL 【 2014/02/25 05:16 】 編集
もぐら
WildCatさん
無理をしないでくださいね。
復活を楽しみに待っています。

サンダーブレードはあの体感と3D感がウリなので、家庭用版はしょうがないですよね。
ガクガクする拡大演出とペラペラなのは、当時の精一杯の仕方ない技術でしたね・・・。

もぐら
URL 【 2014/02/27 00:45 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。