もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014/06/13(金) 00:00 ファミコン(FC)
アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃
アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃 
ファミコン
アクション アドベンチャー RPG
グラフィック:★★★★☆
音楽:★★★★☆
面白さ:★★★★★
難易度:★★★☆☆
貴重さ:★☆☆☆☆





皆さん、こんにちは。
もぐらです。



本日はテクモの懐かしいファミコンゲームをご紹介します。





アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃・・・・はちゃめちゃ・・・
Rygar NES 00





タイトルには「はちゃめちゃ大進撃」表記が無い・・・だと?!
Jyagi01.gif





「アルゴスの戦士」はテクモがアーケードで1986年にリリースした横スクロールアクションゲームです。
それを大幅にアレンジを加えて1987年4月17日に家庭用に移植したのが本作です。

主人公はディスカーマーという盾とヨーヨーを合わせたような武器を使用します。
アーケード版はひたすら右方向に向かってゴールを目指し、27面のライガーを倒すのが目的でした。





哀愁ただよう曲と夕陽がアツい!!
Rygar NES 01





このファミコン版はシステムが大きく変わり、横スクロール視点だけでなく上から見下ろし視点のあるアクション・アドベンチャーゲームに作り変えられています。

広大なフィールドは横スクロール部分から出入口から上から見下ろしステージと全て繋がっています。
しかし、最初は行動範囲は狭く、ボスを探索・撃破・アイテム入手して行動範囲が広がります。

最近は見なくなった2D・携帯機版のメトロイドや悪魔城ドラキュラの探索型に非常に近いシステムです。





これが追加された上から見下ろし視点・・・ステージ間の繋ぎのようなオマケ?
Rygar NES 04





このアーケードから家庭用に移植する際、大幅にアレンジを加えていますが、実に上手くボリュームアップし、独自のゲームの深さを加えています。



プレイしていく中、明らかに怪しい場所もアイテムを入手することでいつかは行けるようになります。
しかし、プレイ中のヒントはかなり少なく、攻略本が無いとキツイと思います。





女性は一切でない、男くさい世界が独特すぎる!
Rygar NES 03
※海外版





ヒントやアイテムは全て巨大なムキムキのジジイから入手!




ゲーム全体のボリュームは2-3時間程度です。
ツライのはパスワードやバッテリーバックアップによるセーブが出来ないことです。
よって、このゲームを本気でクリアすることを考えた場合、これだけ掛かると覚悟しましょう。





孤独な戦いの中、寂しい曲で孤独感が倍増する不思議な世界!
Rygar NES 02





この作品の原作もそうでしたが、ゲーム全体に哀愁漂う曲が多いです。
イベントが一切無い、淡々とボスを探して狩って、アイテムを入手して行動範囲を広げるのですが、とても侘しい気持ちになるのは何故でしょうか?
この作品の独自の味とも言えます。





ゲーム全体で敵の種類は少ないのは愛嬌!
Rygar NES 05





ゲームの難易度は程よいです。
雑魚を倒せば経験値が入って成長するので、雑魚を倒しまくれば強敵なボスも難なく倒すことができます。



しかし、一体どれだけ経験値が入って、いつ成長するかサッパリ分からない謎仕様!





操作ミスで転落死するのが一番多いから気をつけよう!
Rygar NES 06




このゲームで一番死ぬことになるのは転落死です。
後半に滑車を指定箇所に掛けて移動する場面が多いです。
この滑車のラインに乗るのが非常に曖昧でこのゲームの一番の難所!

落ちたら即死、誰しもが必ず一回は死にます。

つまり、必然的にゲームオーバーを避ける事が出来ません!





しかし、そのままスタートボタンを押すとコンティニューできるシステムを実装!





画期的なシステムで安心して死ぬことが出来るゼェ!
Hokuto Zao Hentai





この救済措置で、致命的なペナルティ無く、じっくり探検できます。





総評:
グラフィックはアーケードの綺麗なグラフィックを上手く、ファミコンのアレンジされており、プレイ感覚は一緒です。
単純に2D横スクロールから上から見下ろし視点のステージだけでなく、経験値に寄る成長システムや広大なマップを探検するシステムに変更したのは大きな成功かと思います。

慣れると1時間程度でクリアできる手軽さと冒険感覚はたまにプレイしたくなる魅力です。

音楽も独自の悲壮感が漂い、他のゲームには無い魅力ではないでしょうか?

無限にコンティニューできるシステムとプレイヤーを成長させるシステムで万人にクリアできる難易度は素晴らしいです。





スコア:80/100





この硬派な世界を一回体験すること強く勧めるゼェ!
Jyagi00.gif





クリックしていただけるとテクモのファミコンソフト全てをレビューしまくる・・・かも!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント:2 トラックバック:0

エアーフォートレス ファンタシースターⅡ 還らざる時の終わりに
コメント一覧
Herkey
パッケージの絵が全く硬派じゃなかったゲームと聞いて。
URL 【 2014/09/19 18:01 】 編集
もぐら
Herkeyさん
コメントありがとうございました。
アルゴスは最高にイカス内容ですが、パッケージがおこちゃま過ぎますね。
硬派な内容にさじを投げる人が多いかも知れないですね・・・。
未だに転落死さえなければ、一機でクリアできる内容です。
もぐら
URL 【 2014/09/23 08:12 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。