もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014/06/20(金) 00:00 ファミコン(FC)
エアーフォートレス
エアーフォートレス
ファミコン
アクション シューティング
グラフィック:★★★★☆
音楽:★★★★☆
面白さ:★★★★☆
難易度:★★☆☆☆
貴重さ:★☆☆☆☆



皆さん、こんにちは。
もぐらです。

本日は今ではヒットメーカーとして有名なHAL研究所のファミコン初期の作品をご紹介します。





エアーフォートレス・・・アレな要素が満載であります!
Air Fortress NES 00





Hal研究所と言えば、任天堂の看板キャラクターの「カービイ」シリーズや「スマッシュブラザーズ」シリーズ等の実力派開発会社です。
(メタルスレイダーグローリーといった硬派な作品も魅力です。)

そんな大御所がまだ小さな会社だった1987年8月17日発売に発売した自社ブランドの作品です。





全8ステージクリアを目指そう!
Air Fortress NES 01





この作品は他のアクションやシューティングゲームには無い大きな特徴がございます。

ステージは最初、プレイヤーはバイクのような小型宇宙船に乗るシューティングステージから始まります。
しばらくはオーソドックスに強制横スクロールで現れる敵を倒しながら進みます。





体力制なので決して難しくないシーン!
Air Fortress NES 02






その後、ステージの終わりにはコロニーの入り口に到着し、進入するシーンになります。





スーパーマリオで言えば、1-2の地下へ行く土管に入って行くような感覚です
Air Fortress NES 03






ここからが、本番のアクション・シューティングの始まりです。
迷路のようなステージに隠されている大型コアを探して破壊するのが目的です。





小さな重力が働く独特の浮遊感覚はレトロゲームの「アストロロボ・ササ」か?
Air Fortress NES 04




ステージを進めていくとより複雑な迷路でコアを探すのが一苦労です。
また、このメインステージでは独特の小さな重力の中で、浮遊する感覚はとても面白いです。
決して、ストレスになるようなものではなく、地球ではない宇宙感覚を再現しているようです。
ショットを打つと反対方向に少し飛ばされるというリアルな反動に注意しましょう。





ようやく見つけた巨大なコアを破壊せよ!
Air Fortress NES 05





ステージ中に設置されている敵を通常のショットと弾数制限のあるボムを使い分けて攻略しましょう。
巨大コアも人間(嘘)、黙って破壊されることは無く、それなりに抵抗しますが、あまり強くは無いので適当に破壊できます。

通常のアクションゲームであれば、ここでステージクリアですが、この作品はいきなりステージが暗転し、地震が始まります。
徐々に揺れが大きくなり、制限時間内に小型宇宙船を見つけ出して乗り込む必要があります。





野郎ども!逃げるぞ!
Zako000.jpg





逃げきれなかった場合?





うわらば
Uwaraba.gif
※訳:爆死します。





あった!これで生きて脱出だァ!
Air Fortress NES 06





どのステージも映画に良くあるスリリングな脱出劇を体験しなければなりません!





余談ですが、80年代のゲーマーであれば、この作品をプレイすると「パラデューク」を連想されると思います。
このアクションシーンの操作感、ステージ構成はよく似ています。
もぐらは初めてこの作品をプレイした時に、「パラデューク」のファミコン版だと見事に勘違いしていました。





総評:

難易度:
体力制、残機制だけでなく、パスワードによりコンティニューがあるので、決して難易度は高くありません。
じっくり時間を見つけてはチャレンジすれば誰でもクリアできる安心設計はHAL研究所の作品の特徴です。


操作感:
シューティングステージは自機は十字ボタン移動とBボタンショットでオーソドックスなので全く問題がありません。
アクションステージへのパワーアップがメインのおまけステージだと思います。
アクションステージでは独自の操作感覚は小さな重力の中で自由に飛び回る操作感はクセがありますが、快適です。

グラフィック:
グラフィックは独特な暗い色調が多いですが、丁寧な描き込みで中々飽きない味があります。

音楽:
独特の高揚感を煽るハイテンポな音楽が多く、場面にぴったりな曲が多いです。





スコア:75/100





アーケードの「パラデューク」が好きな人はオススメだぜ!
Zako 001
※「パラデューク」はナムコの作品です。

作品の完成度も高く、よくまとまっています。





クリックしていただけるとHAL研究所が何を研究しているか研究する・・・かも!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:1

Saturday Night Slam Masters(海外メガドライブ版) アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバックURL

← 神威雅人のSchwarzGeist-GameBlog
エアーフォートレス (NES/FC) 日本人はタイトルにつられる。
「1987年 HAL研究所作品。(現:任天堂) このゲーム。実はそいつのせいで、ある別のゲームが名前を変えざるを得なくなったという事情がある。 商標は先にとったもの勝ちである。同じような名前は商売につかえない。その縛りが別のゲームに不幸な結末を与える結果となった。その大人の事情を説明する前に、このゲームはありきたりなシューティングゲームに地上面がバラデューク(ナムコ 現:バンダ... 」
【 2014/07/10 23:36 】
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。