もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014/06/27(金) 00:00 メガドライブ(MD)
Saturday Night Slam Masters(海外メガドライブ版)
Saturday Night Slam Masters(海外メガドライブ版)
アーケード スーパーファミコン 海外版メガドライブ
アクション
グラフィック:★★★★★
音楽:★★★★☆
面白さ:★★★★☆
難易度:★★★☆☆
貴重さ:★★★★★



皆さん、こんにちは。
もぐらです。

本日は、完成度が高かったのに日本で発売されなかったアーケードからの移植作品をご紹介します。





サタデーナイト・スラム・マスターズッ!・・・何?!
Muscle Bomber MD 00





この作品の原作は1993年7月にアーケードでリリースされたカプコンの「マッスルボマー」です。
日本では1994年3月30日にスーパーファミコンに移植されて一部のファンに人気がありました。



家庭用のプロレスゲームと言えば、「ファイヤープロレスリング」ですが、そのようなシステムとはかけ離れています。
(日本発のプロレスゲームは最近全く見なくなったのは寂しい限りです。)





ストリートファイターを制作したメーカー、カプコンなので、思いっきり似ています。





個性的な10人のキャラクターからプレイヤーを決めよう!
Muscle Bomber MD 01





これらのキャラクターを見ると分かる人はすぐに分かります。



そうです!
キャラクターデザインは「北斗の拳」、「花の慶次」で有名な「原哲夫」先生です!!





マッチョな漢キャラクターを描かせたら右に出るものは居ない!
Hokuto Rei Temeranochi





ファイナルファイトのファンも歓喜、マイク・ハガー市長も参戦しているのが憎いです。

基本ルールはプロレスと同じで、は奥行きのあるリング上を1対1で戦い、3秒間ホールドをすると勝利します。
(場外は20秒以内にリングに戻らないと負けです。)
体力をより減らせば、よりホールド時間が長くなります。

パンチ・キック・つかみ技でロープに振って技を掛け合って戦います。
正面から組んで十字ボタン下と攻撃ボタンとジャンプボタンを押すと特殊攻撃します。

各キャラクターには複雑なキー操作で出せる強力な固有必殺技もあります。

ストイックに勝利を求めて対戦格闘ゲームのようにプレイすることが可能です。
逆に、リアルなプロレスのようにアピールを入れたり、無駄に攻撃を受けて盛り上がるプレイをすることができます。





自分にあったプレイスタイルで戦え!
Muscle Bomber MD 02




グラフィックを見ての通り、アーケード、スーパーファミコンに引けをとらない素晴らしく描き込んだグラフィックです。
カプコンの色調鮮やかで派手なグラフィックは少し暗めではありますが、素晴らしい再現です。

音楽は若干グレードダウンしていますが、気になるようなレベルではありません。
爽快感のあるサウンドはそのままです。





お~っと!高層ビルの高さからのボディースラムが炸裂だぁ!
Muscle Bomber MD 03





場外の反則攻撃アイテムも再現されており、使用回数制限はありますが、上手く使って試合を有利にしましょう。





有刺鉄線リングでの試合も可能!
Muscle Bomber MD 04




この作品の操作性はアーケード版同様、レスポンスが良く、快適です。
(動きの重いキャラクターも有り。)





各濃いキャラクターには固有の入場シーンが用意されている芸の細かさ!
Muscle Bomber MD 05





ゲームの難易度はオプションで変更可能です。
通常の設定でもコンティニューをすれば、必ずクリアできる程よいものです。





勝者:この弱虫が!おいらのお婆ちゃんのほうがお前よりタフだ!
Muscle Bomber MD 06
敗者:あぁ!なんてこった!俺様の美しい顔に何しやがったんだ!





コイツら、会話が成立していねぇ!?
Jyagi01.gif






スコア:80/100





日本で何故発売されなかったのが不思議でならないよ!
Hokuto Basan Otoko 00



何とも濃い作品ですが、とても上手に纏まった良質なプロレスゲームです。
プロレスというより、対戦格闘ですが。





クリックしていただけると原哲夫先生が関与したゲームを全てレビューする・・・かも!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

7月のレビューソフトのお知らせ エアーフォートレス
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。