もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014/07/04(金) 00:00 ファミコン(FC)
フロントライン
フロントライン
ファミコン(FC) アーケード PS2(タイトーメモリーズ下巻収録)
アクション シューティング
グラフィック:★☆☆☆☆
音楽:★☆☆☆☆
面白さ:★★☆☆☆
難易度:★★☆☆☆
貴重さ:★☆☆☆☆



皆さん、こんにちは。
もぐらです。


本日は今はスクエアに吸収されてしまって無くなったタイトーのファミコン初期の作品をご紹介します。





フロントライン!!
Front Line FC 00





英訳:前線、戦線





もうアレですよね、戦争の最前線です。
銃弾が飛び交い死体があちこち転がる血沸き肉踊る、激しい戦争を想像しちゃいますよね。





実際のゲーム画面
Front Line FC 01





ぎゃぁああ!
Umezu00.jpg
※別な意味で衝撃ですね。





小学生低学年が戦争をテーマにして書いた絵ではありません。





原作は1983年のアーケード作品です。
このファミコン移植版は1985年8月1日に発売されました。



ストーリーは・・・無いようです。




目的は赤いヘルメットを被った一般兵を操って、ステージ最後の要塞を陥落することです。





ステージは1面のみであります。





あ?!何だと?!
Jyagi01.gif





1面しか無い上に、クリアしたらステージ最初にループします。
今は見ることができない圧倒的なボリューム不足、そして無限地獄!!



最近のスマホの無料ゲームもびっくりな内容です。





迫力ゼロのシュールな世界をガニ股で進む兵士!
Front Line FC 02




主人公は十字ボタンで移動し、Aボタンで手榴弾を、Bボタンで連射の効かないピストルを撃ちます。
敵に触れたり、銃弾、地雷を踏んだら一撃で死ぬ、残機システムです。



この十字ボタンを押している8方向にピストルもしくは手榴弾を投げるの基本で、パワーアップというヌルいシステムは一切有りません。
唯一、道中に青い戦車が落ちているので、それに乗り込んで攻撃することが可能です。
しかし、耐久力が非常に低いのですぐに壊れてしまいます。





自キャラより何故か小さい謎の物体が戦車、乗り込め!
Front Line FC 03





特徴:
・圧倒的なチープなグラフィック。
・銃撃音しか無い音楽のない世界。
・ガニ股の意外と当たり判定の大きい自キャラ。
・連射の出来ないクソみたいなピストル。



ハッキリ言って、ツライ内容です。





戦車が攻撃を受けて煙を噴いても、一回降りて乗り直せば復活!
Front Line FC 04





この作品の攻略で重要な事は一点のみです。
ピストルと不思議な軌道をする手榴弾を上手く使い分ける事です。





壁がある場合、射程距離を考えて手榴弾を投げ入れろ!
Front Line FC 05





スコア:38/100





この時代だからこそ許されたある意味貴重な作品だねェ・・・
Hokuto Basan Otoko 00






クリックしていただけるとタイトーのアレな作品をレビューしまくる・・・かも!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント:4 トラックバック:0

ファイナルファンタジー I・II(GBA版) 7月のレビューソフトのお知らせ
コメント一覧
江保場狂壱
こんばんは管理人様。江保場狂壱です。
 
フロントラインは小学生の頃、友人の家でプレイしたことがありました。
当時はグラフィックは問題にしてませんでした。でも今見ると本当に小学生が描いたのと思われますね。

ステージが一面のみとは気づきませんでした。よく発売できたと思いますが、当時だからこそ許されたのでしょう。

タイトーがスクエアに吸収されたとは知りませんでした。なんというか小学生の頃に慣れ親しんだ会社が無くなると諸行無常を感じます。では。
URL 【 2014/07/04 17:28 】 編集
神威雅人
正確には、完全子会社化です。
タイトーブランドは残っていますが、儲けの管理はスクエニ持ちって事になります。

(PS3のゲームアーカイブの発売元管理もスクエニ名義ですね?)

今に思えば、いろいろ変わりましたねぇ。
わが三重県のマイクロキャビンは、パチンコ、フィールズの子会社化したし、名古屋のT&Eソフトは、スパイクチュンソフトに吸収合併。
マイクロキャビンのビデオゲーム版権管理は、ガンホーに譲渡しましたね?
 社長が失踪して事業停止したジャレコは、ハムスターが版権預かり。
 ニチブツもハムスターに版権譲渡して解散しましたね?

僕もブログの版権移動表をがんばろう。^^;
URL 【 2014/07/04 21:45 】 編集
もぐら
江保場狂壱さん

実はもぐらも初めてフロントラインをプレイしたのは小学生の時でした。
苦労して、クリアしてスタート地点に戻された時に一歩大人になれた気がしました。

タイトーはアーケードでは名作が多いですが、コンシューマはイマイチだけど、味がある作品が多かったです。
最近ほとんどの老舗ゲームメーカーが淘汰されたのが、悲しいですね・・・。

もぐら
URL 【 2014/07/04 23:36 】 編集
もぐら
神威雅人さん
タイトーブランドは残ってるんですか?
最近全く新作を聞かないから既に消滅したのかと思っていました。
マイクロキャビンはシブいゲームが多かったですね。
T&Eはスパイクですか・・・。
遙かなるオーガスタ等のゴルフゲームやソード・ワールドが好きでした。
逆にクソゲーメーカーのジャレコは良く持ちましたね。
テラクレスタのニチブツも解散ですか・・・。
世知辛い世の中ですね・・・。
もぐら
URL 【 2014/07/05 03:12 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。