もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014/07/18(金) 00:00 ファミコン(FC)
Ninja Kid(海外NES版ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境)
Ninja Kid(海外NES版ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境)
ファミコン
アクション
グラフィック:★☆☆☆☆
音楽:★☆☆☆☆
面白さ:★★☆☆☆
難易度:★★★★☆
貴重さ:★★★★★



皆さん、こんにちは。
もぐらです。



本日は日本では日本では125万本も売れたファミコンソフトの海外版をご紹介します。





Ninja Kid?オドロオドロしい雰囲気だ・・・
Ninja Kid NES 00





ある程度の年齢を重ねた方々はこのタイトル画面を見ただけで元のゲームに気づくと思います。
そうです、ファミコン初期のバンダイの作品、「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境」です。
原作は1986年4月17日に発売されました。
この怪しげなパチモン作品はアメリカ合衆国に1986年10月29日に発売されました。





この2D画面を見ればおっさんゲーマーは確信する!
Ninja Kid NES 01





残念ながら、海外では日本が誇る妖怪マンガの先駆者、水木しげる大先生の知名度はゼロです。
そんな不幸が北米で少しでも売れるためによくわからない「忍者」に差し替えられたのでしょう。(推測)
版権が絡むので、ほとんどのキャラクターはよくわからない絵に差し替えられています。(推測)
ついでに使用曲もあちこち差し替えられています・・・。





ゲゲゲの世界に舞い降りた謎の忍者?
Ninja Kid NES 02





テメーは誰だ?!(困惑)
Shura00.jpg





この画像の差し替えが中途半端で、ゲゲゲ感がたっぷり残ってるので、独自の混沌(カオス)を生み出しています。
画面上の残機は目玉の親父のままであったり、雑魚やアイテムがオリジナルの妖怪が残っていたりします。





中途半端だな、オイ!
Jyagi01.gif





違法で改造したソフトのような独自の世界観がマニアにはたまりません・・・
Ninja Kid NES 03





先ほど記載した通り、グラフィックと音楽は差し替えられていますが、内容はファミコンのゲゲゲの鬼太郎と一緒です。

ゲームの流れ:
基本は残機制で、敵に接触もしくは攻撃を一発でも喰らうと死にます。
昔のゲームなのでコンティニューというヌルいシステムは有りません。
最初は2D移動画面でNinja(?)を移動させてステージに突入します。

パターン1
人魂収集ステージ:
左右が繋がっている2D横スクロールのアクションパートでステージに突入。
ステージの全ての人魂を集めるのが目的です。(何故忍者が人魂を収集するか不明。)

パターン2
ドッグファイトステージ:
2Dシューティングタイプのステージに突入。
ステージ上の全ての妖怪を倒すのが目的です。
原作は一反木綿に乗っていましたが、本作は忍者らしく凧に乗って戦います。(誰が操ってるんだろう。)





凧にまたがる謎の忍者・・・シュール
Ninja Kid NES 07





パターン3
ローソクステージ:
火の玉(?)を誘導して、ステージ上の全てのローソクに火を灯すのが目的です。
何故、忍者がろうそくに火を灯すのでしょうか?・・・永遠の謎です。




どのステージも目的を達成すると扉が二個出現します。
どちらかが正解で、正解ならばそのままステージクリア。





さあ、運命の扉が開かれた!
Ninja Kid NES 05





運が悪いと毎回地獄巡り!
Uwaraba.gif





ひたすら上を目指す、ステージをクリアしなければなりません。
ステージ最上部に原作のままのベリアル様や大入道様がいらっしゃいます。
弱点の目玉に攻撃が一撃当てればクリアです。





最上階の一撃で倒せるボスを目指せ!
Ninja Kid NES 06





各横ステージクリアして行き、2Dマップで最後の砦に到着するとボス戦です。
こちらは原作はぬりかべや砂かけババアがサポートキャラで鬼太郎の盾や追加攻撃してくれました。
この作品はユニコーンや良くわからないキャラクターに描き変えられているので、混乱します。





忍者とユニコーンは合わないだろ・・・
Shura00.jpg





総評:
グラフィックは元々がファミコン初期なので、汚いです・・・。
キャラクターもちぐはぐで統一感が無いのがツライところです。
外人でも分からないようにとにかくごちゃまぜになったので収集が付いていません。

操作性は原作同様、少し慣性が付いて滑るので、クセがあります。
勢い余って敵に接触して死亡事故が良く起きます。

音楽はお馴染みの曲や素人が作ったようなイマイチな曲が混在しています。
完全にオリジナル作品であれば良かったのに・・・。





アイテムも原作同様あるが、見た目ではさっぱり分からない!
Ninja Kid NES 04





スコア:28/100





面白いのか面白く無いのかはっきりしろ!
Naiaru Zako Hokuto
面白くないアル!!




PS:海外で日本の「忍者くん」が本作同様「Ninja Kid」としてリリースされています。
間違えないように気をつけましょう!





クリックしていただけると海外作品をレビューしまくる・・・かも!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント:6 トラックバック:0

ワルキューレの伝説(PCエンジン版) ファイナルファンタジー I・II(GBA版)
コメント一覧
神威雅人
詳しいレビューありがとうございます。

当時のアメリカのゲームってかなりいい加減なローカライズでしたね。^^

海外の忍者感がファンタジーそのものあったように思えます。

またよろしくお願いします。
URL 【 2014/07/18 01:10 】 編集
もぐら
神威雅人さん
コメントありがとうございます。
海外のローカライズ作品は本当に中途半端ですね。
意外と8Bit機時代には多いんですよね。
またおかしなアレンジ作品があればレビューしますね。
もぐら
URL 【 2014/07/18 07:37 】 編集
江保場狂壱
 こんにちは管理人様。江保場狂壱です。
 ファミコンのゲゲゲの鬼太郎は小学生の頃楽しみました。当時はファミコンで鬼太郎が遊べる! と子供心に喜んでましたね。
 
 アメリカでは鬼太郎は忍者なのでしょうか。鬼太郎の髪の毛針は山田風太郎の忍法帖小説ぽいですから。

 ボス戦でヌリカベたちの代わりにユニコーン……。基準がさっぱりわかりません。忍者との関連性が皆無です。

 面白くないアル!! といっても「あるのかないのか、どっちなんだ」と返されそうです(笑) でもきちんと説明すれば納得してくれるかも……? 
では。
URL 【 2014/07/19 14:31 】 編集
もぐら
江保場狂壱さん
こんにちは。
いつも訪問ありがとうございます。
本当にアメリカのアレンジは謎だらけです。
いや、ゲゲゲでなければ、全く価値の無いゲームです・・・。
もぐら
URL 【 2014/07/20 10:35 】 編集
ファミコン時代のメリケンの仕事は雑だな。(でもソルブレインの改編の矛盾っプリはどうなのかと)
URL 【 2014/08/10 09:41 】 編集
もぐら
???さん
コメありがとうございます。
版権系のゲームは海外に行くと大概画像を差し替えていますね・・・。
それが、よりカオスな世界になるのが・・・最高です。
もぐら
URL 【 2014/08/11 01:05 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。