もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014/08/08(金) 00:00 PCエンジン(PCE)
オーダイン(PCエンジン版)
オーダイン(PCエンジン版)
アーケード PCエンジン PS(ナムコミュージアムVol.4に収録)
シューティング
グラフィック:★★★★☆
音楽:★★★★☆
面白さ:★★★★☆
難易度:★★★★☆
貴重さ:★☆☆☆☆




皆さん、こんにちは。
もぐらです。

本日はナムコの懐かしいシューティングゲームをレビューします。





オーダイン!懐かしい!
Ordyne PCE 00





オーダインとはナムコが1988年にアーケードでリリースしたシューティングゲームです。
当時のアーケードの高機能基板、System2で開発されました。
拡大縮小回転機能を駆使した円出ととてもポップな雰囲気がウリで大ヒットしました。
このPCエンジン移植版は1989年9月8日に発売されました。





かなりグラフィックはアーケードに忠実!
Ordyne PCE 01





このPCエンジン版はアーケードのグラフィックやギミックをかなり頑張って再現しています。
しかし、高機能なアーケード基板に対して、演出部分では妥協せざるを得ない部分は色々あります。

オリジナルのアーケード版はこれでもか?というくらい、拡大縮小回転機能を使った演出が有ります。
ステージ中のお店に入店するとき、ボスを倒した時、水車のような回転する巨大な障害物が邪魔するときに多用しています。
ご存知の通り、PCエンジンは8ビットでファミコンを少し進化させた機能しかなく、このような当時のハイエンドな機能は有りません。
この作品では細かくキャラクターのパターンを用意し、アニメーションさせたり、回転物のグラフィックを簡素化したり、表現しています。
当時のプログラマーが制限された性能で、必死に擬似的に再現しようとした力技なのです。





原作では、この歯車のような障害物の迫力がすごかった・・・
Ordyne PCE 05





アーケード版はスプライトを駆使した多重スクロールで遠近感と臨場感を大幅に上げていますが、PCエンジン版は残念ながら多重スクロールしていません。





ステージ中にはお店が定期的に出現する!レッツショッピング!
Ordyne PCE 04




この作品はの以下の大きな特徴があります。

・二人同時プレイの実現
アーケード版同様、二人同時プレイが可能です。

・パワーアップシステム:
ファンタジーゾーンのように敵を対してお金を収集し、お店ででパワーアップする事ができます。





お金は計画的に使おう!
Ordyne PCE 02





・パワーアップの有限:
基本的に武器は数量制限もしくは、時間制限があります。
※スピードアップ(移動速度上昇)、水中モーター(海中移動速度上昇)の2つは死んでも効果は残ります。





パワーアップアイテムは有限だ・・・!
Ordyne PCE 03





ふざけんな!無限にしやがれ!
Zako000.jpg





総評:
グラフィックはアーケードの華やかな色彩を上手くPCエンジンへ移植されています。
パッと見では区別がつかないくらい上手く描きこまれています。
唯一、多重スクロールしない点で、当時の限界を感じてしまいます。

音楽は非常に上手く移植しています。
効果音も若干弱くなっていますが、遜色ないレベルです。

何と言っても、二人同時プレイを実現した意義は大きいです。
アーケード同様全7面をワイワイ友人や家族でプレイするに盛り上がること間違いないしです。

難易度は結構高いです。
裏技を駆使しないとクリアできないのが、ツライところでしょうか?
(実はもぐらがヘタレだけ。)





ボスを倒した時に小さくなる演出もバッチリ再現!
Ordyne PCE 06





スコア:72/100





ヒッヒッヒ!中々上出来な移植だぜぃ!
Hokuto Seaker





おまけ:
●かなちゃんモードができる
 かなちゃんモードは、タイトル画面でⅠボタンを3秒間くらい押しておく。
すると「かなちゃん」という表示がタイトル上に現れる。そこでランを押してゲームをスタートすれば、オレンジ色の機体に乗った、かなちゃんを操ってゲームをすることができる。
このモードでは最終面をクリアすると、かなちゃんの登場する別バージョンのエンディングが見られる。
●復活コマンド
ゲームオーバーの表示が出る前に、Ⅰボタンを押しながらランボタンを押すと、やられた場所から復活。
●多彩なテストモード
テストモードは、まず、タイトル画面で5回リセットをする。5回目のリセットのときにランを押したままにしておくこと。
その状態で左上とⅠとⅡを同時に押すと、テストモードの画面に切り替わる。テストモードでは、サウンドテスト、ラウンドセレクトのON・OFF(ラウンドセレクトをONにすると、リセットでテストモードから出たときに、タイトル画面にラウンドセレクトの表示が出ているので、Ⅰで数字を変更してからゲームをスタートすれば、好きなステージから始めることができる)、自機のストック数の変更(1~10機)、トリガーのマニュアルか連射かの選択ができる。
また、スイッチテストという項目があり、パッドのどのボタンが押されているかを画面に表示してくれる。
マルチタップを付けた状態にも対応していて、1~5番までのそれぞれのパッドのスイッチテストができるようになっている。テストモードの各項目は、セレクトを押しながらランを押すことで切り替える。





クリックしていただけるとナムコのPCエンジンソフトでリリースされたを全てのソフトをレビューする・・・かも!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント:4 トラックバック:0

スーパーストリートファイターII X リバイバル(GBA版) Final Fight One(GBA版)
コメント一覧
神威雅人
こんにちは。

PCエンジン版のオーダインは、ルーレットが変わっていたので、がっかりしたファンが多かったですね。

しかし、弱い機種で移植しようとした努力を高く評価したいです。

かなちゃんモードはアーケードではできなかった要素でしたからねぇ。^^
URL 【 2014/08/08 06:16 】 編集
江保場狂壱
 こんにちは管理人様。江保場狂壱です。

 中学生時代は雑誌でオーダインの記事を読みましたが、すごくきれいな画面に見惚れました。

 高校卒業後に購入しましたが、やはりアーケードと比べると見劣りします。とはいえきれいな画面はよかったですね。
 では。
URL 【 2014/08/09 14:46 】 編集
もぐら
神威雅人さん
こんにちは。
やはり回転機能が無いとツライ演出ばかりですね。
でも、かなちゃんモードのようなおまけが嬉しい家庭用要素が素晴らしいですね。
当時のナムコはスゴい頑張っていましたね。
もぐら
URL 【 2014/08/11 00:24 】 編集
もぐら
江保場狂壱さん
コメありがとうございます。
当時の画像は本当に綺麗に感じましたね!
しかし、いざオリジナルをそのままPCエンジンで遊べるようになると、その差に気づいてしまいますね・・・。
ナムコはもっと移植されていないゲームを積極的に移植すればヒットする作品が多くあるのにもったいないです。
もぐらピストル大名をずっと待っています。
もぐら
URL 【 2014/08/11 00:30 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。