もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014/12/26(金) 00:00 ファミコン(FC)
悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん(ファミコン版)
悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん(ファミコン版)
ファミコン GB
アクション アドベンチャー
グラフィック:★★★☆☆
音楽:★★★★☆
面白さ:★★☆☆☆
難易度:★★★☆☆
貴重さ:★☆☆☆☆



皆さん、こんにちは。
8Bit機大好きもぐらです。

本日は、大好きなシリーズの外伝作品をご紹介します。





悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん・・・ぼく?
Akumajo Special NES 00





悪魔城ドラキュラはご存知、コナミの大ヒットしたホラーを基調としたアクションゲームの金字塔です。
そんな作品の中で低年齢層を狙った外伝作品がこの「ぼくドラキュラくん」です。
1990年10月19日にファミコンで発売されました。





コミカルだが、コレは紛れも無く悪魔城
Akumajo Special NES 01





主人公はドラキュラ伯爵の息子です。
ドラキュラと言っても、世界全体が子どもの世界のようになっており、全てがかわいらしいキャラクターで描かれています。
後に発売される本家シリーズの「アルカード」さんとは一切関係ありません
たぶん。





初代悪魔城屈指の名シーンが・・・?
Akumajo Special NES 02





どらきゅらくんはドラキュラなので、様々な特殊能力や攻撃を使用することが出来ます。
十字ボタンで左右の移動及びしゃがむことが出来ます。
Aボタンでジャンプし、Bボタンで飛び道具の妖気弾で攻撃します。
上ボタンを押しながらBボタンを押すことで上方向に攻撃することも可能です。
溜め打ちをすることで、より強力な攻撃をするだけでなく、敵をこの攻撃で倒すとコインを入手することが出来ます。
ステージクリア後にあみだくじでミニゲームが決まり、このコインを消費することで、自機を増やしたり、コインを増やしたりすることが出来ます。





狭い足場はアタリマエ!
Akumajo Special NES 03





最初のステージはこれしか出来ませんが、ステージをクリアする毎に下記の特殊能力を覚えていきます。
※セレクトボタンを押して、特殊能力を切り替えます。

・ホーミング
最初のステージをクリアすると習得します。
画面上に最大5発の妖気弾を発射し、敵を自動追尾して攻撃します。
オールラウンドで戦えるオススメ攻撃です。

・さくれつだん
2ステージ目をクリアすると習得します。
敵や障害物に当たると爆発し、この小さな爆風に当たるとダメージを与えることが出来ます。
イマイチ使いどころが分からない攻撃です。

・コーモリ
3ステージ目をクリアすると習得します。
能力を選択し、溜め攻撃をすると発動し、最大5秒間、空中移動するコーモリに変身します。
壁に当たったり、敵の攻撃を喰らったり、攻撃ボタンを押すと変身が解けてしまいます。
ジャンプで対応できない地形のみでしか使用しません。

・れいとうだん
4ステージ目をクリア後に習得します。
あるボス以外はダメージを与えることが出来ない攻撃です。
一定時間敵を氷結し、その間ダメージを受けずに足場にすることが可能です。
これも、マップで地形で無理があるときにしか使用しません。

・さかさ
5ステージ目をクリアすることで取得します。
溜め打ちをして発動し、最大5秒間ドラキュラくんが上下逆さまの重力になります。
画面上部に天井がない状態で使用すると何故か転落死します。





ジェットコースターだ!ヒャッハー!
Akumajo Special NES 04





このように特殊能力を駆使して、全9ステージをクリアすることが目的です。
最初のステージは元祖の悪魔城をアレンジしているので、原作ファンには嬉しい作りです。
他のステージもジェットコースターに乗ったり、水の中で戦ったり、地下鉄やピラミッドで戦ったりして飽きさせない作りです。
遊園地をテーマにしたような子供がわくわくするようなステージが目白押しです。





おっさんゲーマーは一切ときめかないがな!(褒めて落とす)
Jyagi01.gif





にわとりのボス・・・!喰ってやる!
Akumajo Special NES 05





総評:
グラフィックは本当に子供が好きそうな可愛らしいです。
全てにおいて明るい統一された世界観があります。
背景と障害物の見分けがつかないということはまず無いです。

操作性はとても良好です。
但し、どらきゅらくんのジャンプ力が少し弱いと感じます。
足場が少ないところでも、きっちりギリギリでジャンプしないと転落死する地形が多いです。
特殊能力を選択して戦いますが、後半は使いたい能力を選択するとき、邪魔な能力があるので、少し煩わしかったです。

音楽は悪魔城の名曲をコミカルにアレンジしており、とても良いと思います。
まるで遊園地に居るかのようなステージ構成と音楽がとてもマッチしています。

難易度はそれ程高くありません。
どらきゅらくんが意外とデカイので、ボスをしっかり避けたと思っても、接触してダメージを喰らったりします。
先ほどのジャンプ力同様、少しストレスを感じる部分がありました。





水中は動きが鈍いが、ジャンプ力が高い!
Akumajo Special NES 06





スコア:58/100





悪魔城ファンは決してこのような作風を求めていない!
Hokuto Zako Obutsu Shodoku






クリックしていただけると悪魔城シリーズの全作品をレビューする・・・かも!励みになりますm(。。)m
↓↓↓
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

1月のレビューソフトのお知らせ バギーポッパー(ファミコン版)
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。