FC2ブログ
もぐら米国奮闘記 ゲームもあるでよ!
愛国心溢れるもぐらが何故か米国に在住。 完全に妻の尻の下。 悪戦苦闘を綴る。 昔はゲーマー。
2021/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2021/05


2008/10/17(金) 23:17 日記
米「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」
もぐらの鼻くそののような小さな耳からでも良く聞くサブプライム問題。。

米国の現時点で本来借り入れできないのに借り入れた人口が16%が破産している。
当然景気が後退して解雇や給与ダウンすればすぐに支払いが滞って破産。

日本人は最悪の事態を考慮して毎月貯蓄する傾向が強いが米国人は・・・

(゜∀゜)「お金って使うもんだろぉ?!使って何か悪いんだい?アオッ!ッダァ!」

という頭。
その証拠に米国人の主な給与体系は週給制。
(もしくは隔週給)
そう週給制。
計画的に給与に見合う金使いしないもので月給にできないのである。
裁判所に行くと壁一面に破産人の差し押さえ物件の山。
壁が足りないくらい。(゜д゜)「・・・?!」
紙幣よりクレジットカードが一般的な彼ら。
一括払いであれば利息を支払う必要が無い、しかし、彼らにとっては欲しいものは例え20%以上の利息を払ってでも迷わずGET!

(゜∀゜)「ヒャハッ!でかい買い物しても毎月の分割払いにすれば問題無いネ!」

更に金安定政策が可決されたとはいえ、来年の景気が今年より更に悪くなると言う予測が圧倒的に多い。
破産予備軍が現状よりどれだけ多いのか予測できないという。
結果、少なく見て20%多くても30%が破産した場合どうなるのであろう?

不動産の下落、消費の低迷、連鎖的に企業の倒産、失業率の上昇・・・。
かつて日本が苦しんだデフレスパイラルの比では済まない長期不景気が訪れようとしているのでは無いか。

しかし、ここは米国。
自称世界の警察。
実際は世界のジャイアン
常套手段で金融政策が行く詰まったら戦争をする。
先のイラク戦争は米国のでっちあげによる戦争。
当初は核兵器を隠し持っていると因縁を売り、見つからないと将来の脅威になる恐れがあったからと論点すり替え、正当化している。
実際には石油獲得の為の侵略行為であり、国際法を無視した暴挙。

(゜∀゜)「お前のものは俺のもの。俺のものは俺のもの。勝てばいいのよ。勝てば!」

次の標的は米国に挑戦的なイラク、崩壊間近の北朝鮮?
親子2代で米国を駄目にするブッシュ。
次の大統領はどうするのだろう。
利権で経済を滅茶苦茶にしたそのツケを次の大統領はどう切り抜けるのか・・・。
世界に大迷惑を掛けた米国は転換期を迎えている。

クリックしていただけると励みになります
↓↓↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメント:0 トラックバック:0

グラディウス2 ゴーファーの野望 デモンズブレイゾン魔界村紋
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する